ニュース

2019.2.9

監督もダウン、ツォルクSDはファンのサポートに期待

監督もダウン、ツォルクSDはファンのサポートに期待

ボルシア・ドルトムントのスポーツディレクター、ミヒャエル・ツォルクは前日会見の会場に姿を現すと、記者たちに向かって「ボンジュール」と切り出した。普段、この言葉で会見をスタートするのはルシアン・ファブレ監督だが、フランス語を話すスイス人指揮官は病気により会見を欠席。しかし2人のゴールキーパーには朗報が届いている。

 

ベッドで安静を余儀なくされ、前日練習も欠席したファブレ監督とは対称的に、ロマン・ビュルキとマルビン・ヒッツは練習場で元気な姿を披露。「両ゴールキーパーについては、明日の試合でプレーできる可能性が高い」と語ったツォルクSDは、足を痛めていたサイドバックのウカシュ・ピシュチェクにも同じ言葉が当てはまると述べた。このところ、チーム内には病気による離脱者が相次いでいる。マルセル・シュメルツァーとジェイドン・サンチョも風邪が癒えたようだが、ツォルクSDは「2人ともまだ本調子ではない。先発できるかどうかはもう少し様子を見る必要がある」と話した。

 

 

ファブレ監督が試合当日にベンチ入りできるかどうかも、現時点でははっきりしていない。「監督は数日前から体調が優れず、今も寝込んでいる」とツォルクSD。「指揮を執れるかどうか、ベンチに入っても大丈夫なのかどうか」は試合当日に判断するとのことだ。

 

「興味深い試合」に期待するツォルクSDは、TSG1899ホッフェンハイムとは「常に接戦を演じてきた」と指摘。「攻撃的な姿勢に特徴があり、フィジカルが屈強な相手」と戦う上、現在のBVBが「数選手を欠く苦しい時期」だからこそ、できるだけ多くの声援で後押ししてほしいとファンに訴えた。

 

ホームで今シーズン10勝目を狙うブラック&イエローは、背番号11 – マルコ・ロイス – が欠場するホッフェンハイム戦で「12番目の選手」の力に期待している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ホームでホッフェンハイムに6連勝中
ホッフェンハイム戦の予想スタメン

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ホロコースト犠牲者の足跡をたどる旅

2019.11.17

ホロコースト犠牲者の足跡をたどる旅

「ボルシアは団結する! 我々は忘れない。反ユダヤ主義と共に闘う」。このモットーの下、ボルシア・ドルトムントはナチス時代に人類史上最悪の残虐行為が成された地を訪ねる社会見学ツア 続きを読む>>

アジアオフィス担当が語るBVBのアジア戦略

2019.11.16

アジアオフィス担当が語るBVBのアジア戦略

ボルシア・ドルトムントは2014年、国外初のBVBオフィスをシンガポールに開設。そこで働くスレシュ・レチマナン氏にBVBのアジア戦略、今後の 続きを読む>>

イングランドが予選突破、バレルディは親善試合で得点

2019.11.16

イングランドが予選突破、バレルディは親善試合で得点

ジェイドン・サンチョを擁するイングランド代表がEURO 2020予選を突破。U-23アルゼンチン代表のレオナルド・バレルディは親善試合でネットを揺らし、チームの圧勝に貢献した 続きを読む>>