ニュース

2016.10.17

現体制では欧州のアウェーゲームで9戦6勝

現体制では欧州のアウェーゲームで9戦6勝

ボルシア・ドルトムントはFCポルトを1-0で下した2016年2月25日にジンクスを破り、4度目のポルトガル遠征で初勝利を収めた。一方、対戦相手のスポルティング・リスボンは、ホームにドイツ勢を迎えた過去12試合で2勝しかしていない。18日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節に関するデータを以下にまとめた。

 

スポルティング:
• 第1節では終盤の2失点でレアル・マドリーCFに逆転負けを喫したものの、前節ではホームでレギア・ワルシャワに2-0と快勝して立ち直った。
•  ドイツ勢に対し、ホームでの過去12試合で2勝(5分け5敗)にとどまる。
• ここ2シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではドイツのチームに敗退へ追い込まれている。2015-16シーズンには2試合合計1-4でバイヤー04レバークーゼンに、2014-15シーズンには同0-2でVfLボルフスブルクに屈した。
• ホームで最後にドイツ勢を倒した試合は、2014-15シーズンUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのFCシャルケ04戦(4-2)。
• ホームではベンフィカに0-1で競り負けた今年3月以降、公式戦9連勝中となる。
• 直近19試合で少なくとも1ゴールを奪っている。
• バス・ドストは8月末にVfLボルフスブルクから移籍して以来、出場6試合で5ゴールを挙げている。

 

 

ボルシア・ドルトムント
• 現時点でグループFの首位に立っている。敵地でレギアに挑んだ第1節では、欧州カップ戦のアウェーゲームでクラブ記録となる6-0のスコアで圧勝。前節はホームでレアル・マドリーと2-2で引き分け、勝ち点を4に伸ばした。
• トーマス・トゥヘル監督が就任して以来、欧州カップ戦のアウェーゲームでは9試合で6勝(1分け2敗)。
• ポルトガルでは今年2月に初勝利をマーク。UEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32でFCポルトと対戦し、GKイケル・カシージャスのオウンゴールによる1点で1-0と競り勝った
• ポルトガル勢に対し、アウェーでは1勝3敗(いずれも1点差)の成績を残す。

 

【関連記事】
シュメルツァー、内転筋の負傷で離脱

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

2017.5.29

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

続きを読む>>

ロイスは十字靭帯の部分断裂

2017.5.29

ロイスは十字靭帯の部分断裂

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表マルコ・ロイスは、27日にベルリンのオリンピアシュタディオンで行われた 続きを読む>>

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

2017.5.29

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

土曜の夜、マルセル・シュメルツァーはアルフレート・シュミット(1965年)、ミヒャエル・ツォルク(1989年)、セバスティアン・ケール(2012年)に続き、ボルシア・ドルトムントでDFBポカ 続きを読む>>