ニュース

2019.11.1

熱狂とゴール、勝利に期待できるホーム戦

熱狂とゴール、勝利に期待できるホーム戦

またしても白熱の好ゲームに期待!ボルシア・ドルトムントとVfLボルフスブルクの試合は、これまで1試合平均3ゴール以上を生み出してきた。現地時間2日15時30分(日本時間23時30分)にキックオフを迎えるホームゲームについて、興味深いデータと情報を以下に紹介する。

 

戦前の状況:ブンデスリーガは現在、勝ち点5差の中に首位から10位までの各チームがひしめき合っている。今週末には8位対1位、9位対2位など上位10チーム同士の対戦が多く組まれており(この試合も4位ボルフスブルクと5位BVBの対決)、2日はキックオフからの90分間で暫定順位が目まぐるしく変わることになりそうだ。BVBは勝利で首位に浮上、敗北で9位まで後退する可能性がある。

 

ホーム&アウェー:BVBは今シーズン、ジグナル・イドゥナ・パルクでの公式戦7試合で5勝2分けの成績。リーグ戦のホームゲームでは29試合続けてゴールを奪っている(現在も更新中)。一方、ボルフスブルクは5月11日にシュツットガルトで0-3の完敗を喫して以来、ブンデスリーガのアウェーゲームで4試合負けがない。

 

 

チーム情報:マルコ・ロイス(筋肉系)とマッツ・フンメルス(胃腸感染症)の出場が危ぶまれている他、マルセル・シュメルツァーは依然としてコンディションに問題を抱えている。しかし、それ以外は全選手が出場可能な状態で、パコ・アルカセルも10月30日のDFBポカール2回戦でベンチに名を連ねた。ボルフスブルクはカマチョ、カステールス、ギンチェク、クリンガー、メフメディ、シュラーガーらを欠いている。

 

対戦成績:BVBは2015年のDFBポカール決勝でボルフスブルクに敗れたものの、最近のブンデスリーガでは対戦成績で圧倒。ここ8試合で7勝1分け、合計得点でも21対3と大差をつけており、5試合続けてゴールを許していない。また、ボルフスブルクにはホームで滅法強く、直近11試合で1敗にとどまる(残り10試合は6勝4分け)。一方、ボルフスブルクはBVBに通算25敗、90失点を喫しており、これは対戦相手別でFCバイエルン・ミュンヘン(34敗、109失点)に次いで多い。

 

データ:BVBは6試合無敗を継続中。総得点はバイエルン(24)に次いで多い20ゴールを数える。しかし、ボルフスブルクは新たな3バックが見事に機能しており、ここまでリーグ最少の5失点。60分以降の失点が1しかなく、第9節終了時点で9失点を下回ったのはクラブ史上初となる。

 

最多得点差勝利:BVBはボルフスブルクとのホームゲームで4度、4点差の勝利を収めている。そのうち直近は、5-1で制した2016年4月30日の試合。香川真司(7分)、アドリアン・ラモス(9分)、ロイス(59分)、ピエール=エメリク・オーバメヤン(77分、78分)がネットを揺らし、失点をアンドレ・シュールレ(86分)による1点に抑えた。

 

 

観客数:ボルフスブルクから1700人のファンが来場する予定。アウェースタンドの残り300席は、現地時間2日13時からアウェーチケット売場で購入できる。

 

主審:ビースバーデン出身のトビアス・ベルツ氏(42)。これがブンデスリーガ通算103試合目となり、BVBの試合を担当するのは11回目(6勝4分け1敗)になる。 過去にもBVB対ボルフスブルクの主審を一度だけ務めたことがあり、2014年12月17日の一戦は2-2の引き分けに終わっている。

 

編集:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ボルフスブルク戦の予想スタメン
ファブレ監督:「彼を止めるには賢いプレーが必要」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2019.11.14

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2001年から2006年までボルシア・ドルトムントに在籍し、2002年のブンデスリーガ制覇に貢献したヤン・コレル氏が11月に初来日を果たした。BVBのアンバサダーとして日本で 続きを読む>>

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

2019.11.13

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

ボルシア・ドルトムントのレジェンド、ヤン・コレル氏(46)が来日し、11月7日から11月9日まで日本で様々な活動を行った。   続きを読む>>

新しくてエキサイティングな冒険

2019.11.13

新しくてエキサイティングな冒険

マテウ・モレイは体格面で恵まれていないかもしれないが、類まれなサッカーの頭脳とセンスの持ち主だ。そして何よりも大切なことに、この世界で極めて高く評価される資質、つまり相手から 続きを読む>>