ニュース

2017.9.18

無失点およびホーム無敗を継続

無失点およびホーム無敗を継続

ボルシア・ドルトムントは地元サポーターの前で完全に相手を圧倒。シュート数22本(ケルンは6本)、ボール支配率74%を記録し、ケルンをペーター・シュテーガー監督の下で最大となる敗北に追いやった。

 

 

首位を維持:BVBは今シーズンのブンデスリーガで、ここまで毎節首位をキープ。これはクラブ史上初の快挙。

 

無失点も維持:ブンデスリーガ第4節を終えていまだ無失点というのは、クラブ史上わずかに2度目。前回はリーグ優勝を果たした2001-02シーズン。

 

素早いリード:BVBは2分に先制点を挙げたが、これはブンデスリーガの試合ではクラブ史上2番目に早いゴール。最速は2013年4月のマインツ戦でマルコ・ロイスが記録した1分。

 

ゴールラッシュ:ブラック&イエローは今シーズンのブンデスリーガで1試合5ゴールを奪った最初のチームとなった。

 

好スタート:アンドリー・ヤルモレンコはBVBに加入してまだ2試合に先発したのみだが、その両方で活躍。トッテナム戦でゴールを決めたのに続き、ケルン戦では先制点をアシストしたのち2点目につながるCKを蹴った。

 

ケルンから初ゴール:ピエール=エメリク・オーバメヤンは今回初めてケルン戦でゴールを記録。これで今シーズンのブンデスリーガで対戦する17チームすべてから得点を奪ったことになる。

 

シーズン連続ゴール:ソクラティスは今季がブンデスリーガで7シーズン目だが、そのすべてで得点を記録。2017年はここまで3ゴールと、年間得点数では過去の記録を上回った。

 

デビュー戦:アレクサンデル・イサクはブンデスリーガで初出場を果たした。

 

復帰戦:ユリアン・バイグルは4カ月ぶりにケガから復帰。後半の25分間プレーし、36回ボールに触った。

 

ホーム無敗を継続:トーマス・トゥヘル前監督の下でホーム無敗を維持していたBVBは、ペーター・ボス監督の下でもその記録をさらに伸ばし、ブンデスリーガのホームゲームで40試合無敗とした。

 

もう1つの記録も継続:ブラック&イエローは1991年を最後に、ホームでケルンに負けていない。この間の通算成績は15勝4分けとなった。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
フィリップ:「内容に見合う大勝」
5-0:ケルンに圧勝し首位をキープ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

2018.10.16

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

代表戦によるリーグ中断期間にアレマニア・アーヘンとの親善試合に臨んだボルシア・ドルトムントは、主力を大勢欠きながらもアウェーで4-0と快勝。ドミニク・バナー、ベイハン・アメト 続きを読む>>

U-23が今季2敗目を喫す

2018.10.15

U-23が今季2敗目を喫す

ボルシア・ドルトムントU-23はレギオナルリーガ西部第13節で敵地に乗り込み、昇格組のSVリップシュタットに0-2で敗れた。   好天 続きを読む>>

トレーニング終了後にサイン会

2018.10.11

トレーニング終了後にサイン会

ボルシア・ドルトムントは次なる公式戦(10月20日、アウェーでのVfBシュツットガルト戦)に向けた調整の一環として、公開練習を行った。敵地シ 続きを読む>>