ニュース

2021.3.3

激戦を制しDFBポカール準決勝進出

激戦を制しDFBポカール準決勝進出

ボルシア・ドルトムントは2日、DFBポカール準々決勝でボルシア・メンヒェングラートバッハを1-0で破りベスト4進出を決めた。後半にカウンターのチャンスからサンチョが決勝点を決めて熱戦を制した。

 

立ち上がりにチャンスを作ったのはホームのボルシアMG。高い位置でBVBのボールを奪うと右サイドからのクロスにゴール前に走り込んだテュラムが合わせたが、シュートはゴール左に外れた。また5分には負傷したゲレイロがシュルツとの交代を強いられ、テルジッチ監督はプランの変更を余儀なくされた。

 

その後は一進一退の展開となり、集中した守備もあって両チームともにアグレッシブにゴールに迫りながらもなかなか決定機を作り出すには至らない。BVBの前半最大のチャンスは36分、ロングボールに抜け出したホーランドがゴールキーパーと1対1になったが、ディフェンダーに後方からプレッシャーを掛けられる中でうまくシュートをコントロールできず、ゴール左に外れた。

 

逆にハーフタイム直前にはボルシアMGのテュラムにシュートを決められるが、オフサイドにより得点は認められず。両者無得点でハーフタイムを迎えた。

 

54分には折り返しをホーランドが決めて先制かと思われたが、ファウルの判定でゴールは認められず。ボルシアMGのベンセバイニの強烈なシュートはヒッツが抜群の反応を見せてセーブした。

 

待望のゴールが生まれたのは66分。相手コーナーキック後のボールをシュルツが奪うと、ホーランド、ロイスと素早くボールを繋ぎ、最後は左サイドを駆け上がったサンチョがフィニッシュ。高速カウンターで均衡を破った。

 

終盤は同点を目指すボルシアMGが攻撃の圧力を強め、試合はさらにヒートアップ。アディショナルタイムにはダフートが2枚目の警告で退場処分を受けたが、最後までチームとして守り切り準決勝へのチケットを掴み取った。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ウニオン・ベルリン戦の予想スタメン

2021.4.21

ウニオン・ベルリン戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第30節でウニオン・ベルリンと対戦する。両チームの予想スタメンは以下の通り。 続きを読む>>

特別ユニフォームを再販売

2021.4.21

特別ユニフォームを再販売

4-1の完勝を収めた日曜日のヴェルダー・ブレーメン戦で着用したネオンイエローの特別ユニフォームが再販売されることになりました。日曜日には前回 続きを読む>>

スーパーリーグ創設に関する議論についての声明

2021.4.20

スーパーリーグ創設に関する議論についての声明

ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが月曜日、欧州スーパーリーグの創設に関する議論について声明を発表しました。 続きを読む>>