ニュース

2017.4.10

準々決勝の相手モナコがドルトムント入り

準々決勝の相手モナコがドルトムント入り

共に魅力的な攻撃サッカーを披露し、UEFAチャンピオンズリーグで8強まで勝ち上がってきたボルシア・ドルトムントとASモナコ。どちらも準々決勝を戦うのはこれが初めてではなく、BVBは2013-14シーズン、モナコはその翌年の2014-15シーズン以来となる。

 

戦前の状況
両チームともこのラウンドを突破できれば欧州チャンピオンズカップ/UEFAチャンピオンズリーグで通算4度目の準決勝進出。BVBが前回、ベスト4に勝ち進んだのは2012-13シーズンで、スペインの強豪レアル・マドリーを下したが、ロンドンでの決勝でブンデスリーガのライバル、FCバイエルン・ミュンヘンに敗れた。一方モナコは、決勝でFCポルトに屈した2004年を最後に準決勝には到達していない。

 

BVBのチーム情報
・ 欧州チャンピオンズカップ時代を含めてUEFAチャンピオンズリーグで通算8回、ここ5シーズンで3回、準々決勝に進出。通算成績は5勝2分けで、直近の2013-14シーズンはレアル・マドリーに2試合合計2-3で競り負けた
・ 決勝トーナメントではリーグ1のチームと過去に5回対戦し、うち4回は勝ち抜け(1964年のボルドー、1993年と1997年のオセール、2002年のリール)。敗退に追い込まれたのはソショーと当たった2003年のみ。
・ UEFA主催大会通算では、ここ5年で4度目の準々決勝。昨シーズンはUEFAヨーロッパリーグでベスト8まで行ったが、リバプールに2試合合計4-5(ホームで1-1アウェーで3-4)で敗れた。過去5年で唯一準々決勝を突破したのは2012-13シーズンで、マラガに2試合合計3-2で競り勝った
・ チャンピオンズリーグ準々決勝のホームゲームでは4連勝中(レアル・マドリーに2-0マラガに3-2、バイエルンに延長戦の末1-0、オセールに3-1)。最後に準々決勝のホームゲームを落としたのは1996年で、アヤックスに0-2と屈した。
・ トーマス・トゥヘル監督の就任以降、UEFA主催大会のホームゲーム12試合で1敗しかしてない(9勝2分け1敗)。唯一の敗北は2015-16シーズンのヨーロッパリーグ・グループステージ第6節で、ギリシャのPAOKに0-1で敗れた。ジグナル・イドゥナ・パルクでの欧州カップ戦では3連勝中。
・ フランス勢をホームに迎えた試合でも、4勝3分け1敗と好成績を残している。直近は2013年のマルセイユ戦で3-0と快勝。

 

モナコのチーム情報
・ チャンピオンズリーグで準々決勝を戦うのは今回が5回目。過去4回の通算成績は2勝2敗。
・ マンチェスター・シティーとのラウンド16で、第1戦を2点差で落としながら逆転で勝ち抜けたチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント史上9番目のチームとなった。しかもバルセロナ、チェルシーと並び、この快挙を2回成し遂げた3チームのうちの1チーム(最初は203-04シーズンのレアル・マドリー戦)。
・マンチェスター・シティー戦では新たなチャンピオンズリーグ記録も樹立。決勝トーナメントの勝負で6失点を喫しながら突破したチームは過去になかった。
・ ブンデスリーガ勢とのアウェーゲームの戦績は3勝2分け2敗。2016年12月7日にレバークーゼンに敵地で0-3と完敗したことにより、ドイツでの連続無敗は5試合でストップした。
・ 今シーズンのチャンピオンズリーグでは、アウェー戦6試合で2勝しかできていない。プレーオフでビジャレアルCFを下したのち、グループステージでトッテナム・ホットスパーに競り勝った。
・ 決勝トーナメントでは過去に4回、ドイツのクラブと当たり、そのうち3回は勝ち抜けている。

 

【関連記事】
魅力的な抽選結果、しかし今はリーグ戦に集中!
チャンピオンズリーグ準々決勝の相手はモナコ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ダフートとフィリップも練習始動

2017.7.22

ダフートとフィリップも練習始動

U-21ドイツ代表として、この夏のU-21 EUROで優勝したマフムート・“モー”・ダフートとマキシミリアン・フィリップが21日、ボルシア・ドルトムント加入後初めてチーム練習 続きを読む>>

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

2017.7.21

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

  ウカシュ・ピシュチェクがボルシア・ドルトムントにやって来て丸7年、気がつけばチーム内では年長者となり、当時のチームメートも数えるほどになった。しかし、その 続きを読む>>

BVBに極めて厳しい処分

2017.7.21

BVBに極めて厳しい処分

ドイツ・サッカー協会(DFB)は一部のファンによる悪行を理由に、DFBポカール王者のボルシア・ドルトムントに対して極めて厳しい処分を下した。執行猶予付きながらも、ブンデスリー 続きを読む>>