ニュース

2020.5.24

流れからのゴールが通算68点に

流れからのゴールが通算68点に

ボルシア・ドルトムントはウインターブレーク後の10試合で9勝となり、シーズン前半戦の勝利数を超えた。ボルフスブルクを敵地で下したことにより、リーグでは6連勝。その他のデータを以下にまとめた。

 

 

歴史的記録:BVBはボルフスブルクとのリーグ戦で7試合連続無失点。クラブ史において、ブンデスリーガでの対戦でここまで長く無失点をキープしている相手は他にない。

 

カウンターの脅威:ハキミが決めた2点目により、BVBが今シーズン、カウンターから奪ったゴール数はリーグ最多の通算17となった。

 

光る創造性:一方、オープンプレーからのゴールは通算68となり、今シーズンのブンデスリーガを戦う18チームの中で最多。昨シーズン全体のチーム記録よりすでに3ゴール多い。

 

好調:シャルケとのダービーで2ゴールを挙げたラファエウ・ゲレイロは、ボルフスブルク戦でも得点し、シーズン通算8ゴールとした(2020年だけで6ゴール)。ブンデスリーガに来て最初の3年間は、計9ゴールにとどまっていた。

 

アシスト王:ジェイドン・サンチョがゴールをアシストしたのは今シーズン17回目。ブンデスリーガのアシストランキングではトーマス・ミュラー(16アシスト)を抑えてトップに立っている。さらにゴールとアシストを合わせたスコアラーポイントも31で暫定首位(ロベルト・レバンドフスキが前節終了時点で30)。

 

シーズンベスト:トルガン・アザールは12アシストでシーズン自己ベストを更新。

 

アウェーでのゴール:ハキミは昨シーズンの2倍に当たる4点目をマーク。しかもここまで2019-20シーズンの全ゴールをアウェーで挙げている。

 

守備の要:エムレ・ジャンが守備ラインに入ったのはBVB移籍後初めて。ただ、レバークーゼン、リバプール、そしてドイツ代表でも経験があるため、不慣れなポジションではない。

 

【関連記事】
2-0:ボルフスブルク下して連勝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘルタ戦の予想スタメン

2020.6.6

ヘルタ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは6日夜のブンデスリーガ第30節でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下 続きを読む>>

チームも人種差別反対を表明

2020.6.5

チームも人種差別反対を表明

「我々、ボルシア・ドルトムントのチームは「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」運動を全面的に支援する。我々はあらゆる種類の差別を受け入れない。そして引き続 続きを読む>>

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

2020.6.5

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日夜、今シーズンラスト5試合の初戦でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。BVBスポーツディ 続きを読む>>