ニュース

2017.3.12

気持ちを切り替え、ロッテ戦に集中せよ

気持ちを切り替え、ロッテ戦に集中せよ

オリンピアシュタディオンで行われたボルシア・ドルトムントとヘルタBSCの一騎打ちは、両チームの気迫がぶつかり合う見どころの多い試合になった。いずれにせよBVBは、14日(日本時間15日2時30分キックオフ)にオスナブリュックで行われるシュポルトフロインデ・ロッテとのDFBポカール準々決勝に向けて気持ちを切り替えるべく、今シーズンのブンデスリーガで5敗目を喫したという事実をなるべく早く忘れる必要がある。

 

試合終了直後、トーマス・トゥヘル監督は「結果は無念だが、出来はまずまずだった」とコメント。そして選手を批判するのではなく、「今日は非効率な戦いで勝ち点3を逃してしまった」と続けた。ベルリンの首都に乗り込んだブラック&イエローは、立ち上がりから再三チャンスをつくっただけでなく、同点としたあとも2点目、3点目を奪っていてもおかしくなかったが、残念ながらネットを揺らすことができなかった。

 

 

ロッテ戦への強固な基盤

 

さらにトゥヘル監督は、ヘルタの先制点につながったミスを犯したマティアス・ギンターを弁護。「それは彼自身も認めているが、だからといってそれが今日の試合のすべてではなく、負けたのは彼のせいではない。その前に1-0にすることはできた。そうなっていれば、まったく違う試合になっていただろう」と続けた。BVBの指揮官は、「キーパー側に来た」FKを止められず、決勝点を許したGKロマン・ビュルキについても同様に擁護している。

 

ゴール前で決定力を欠いたものの、首都ベルリンで全体的に素晴らしいパフォーマンスを披露したBVBには、『気を引き締めて、やるべきことをやりきる』というモットーに徹してほしい。先発が4人入れ替わっていたことを考えても、この敗北でそれほど悲観的になる必要はないはずだ。実際、後半により惜しいチャンスをつくっていたのはBVBで、ホームのヘルタは自陣に釘付けとなる時間が多かった。「いい動きで相手を崩せていた時間帯もあった。選手たちのメンタリティーや姿勢、勝利への意欲も問題なかった」とトゥヘル監督は続ける。だからこそ結果はともかくとして、この試合はロッテとの一戦に向けた強固な基盤となるに違いない。

 

 

「次のラウンドへ進みたい」

 

火曜日のロッテ戦では、この日の試合とはまったく違う試練に直面することになりそうだ。いずれにせよ、簡単な試合にならないことだけは間違いない。ロッテは3部リーグに所属する格下だが、持てる力のすべてをこの試合にぶつけてくるはず。力が尽きるまで激しく立ち向かってくるだろう。今大会のロッテは格上にも臆することなく勝負を挑み、ベルダー・ブレーメン、バイヤー・レバークーゼン、1860ミュンヘンを倒してここまで勝ち上がってきた。この試合を地元ではなくオスナブリュックで開催することになったとはいえ、ロッテがホームアドバンテージを握っていることに変わりはなく、理想的とは言えないピッチコンディションも考慮すれば、BVBはカップ戦とリーグ戦の違いを思い知らされるかもしれない。

 

そう思えば、ベルリンでの“小さな失態”はBVBにとって最も都合のいいタイミングで訪れたと考えていい。UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝進出の喜びに包まれたあと、もう一度気持ちを引き締めるためにも。キャプテンのマルセル・シュメルツァーは、「まずはベルリン戦を分析する必要がある。でもその後に火曜日の試合へ向けて完全に気持ちを切り替えなければいけない」と語った。「まったく違う大会だからこそ、しっかり集中しないと。次のラウンドに勝ち進みたいんだ」

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

 

【関連記事】
トゥヘル監督:「非効率な戦いで勝ち点3を逃した」
シュールレ:「ちょっとしたことが決め手になった」
ヘルタに先制されると苦しいBVB

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

香川真司:レビアダービーのヒーロー

2017.11.24

香川真司:レビアダービーのヒーロー

近年のレビアダービーで香川真司ほど輝きを放ってきた選手はほかにいない。28歳の日本代表MFは、ボルシア・ドルトムントとFCシャルケ04が激突する試合で毎回、何らかの活躍を見せ 続きを読む>>

大事なのは今週土曜:皆でダービー勝利へ!

2017.11.23

大事なのは今週土曜:皆でダービー勝利へ!

サポーターからのメッセージは明確だった。「大事なのは今週土曜:皆でダービー勝利へ!」。トッテナムに敗れた試合のあと、大きくこう書かれたバナーがスタンドで掲げられた。これに応え 続きを読む>>

BVBファミリーが今年も子供たちのサンタクロースに

2017.11.22

BVBファミリーが今年も子供たちのサンタクロースに

「アレ・ヤーレ・ビーダー・シェーン!」(今年もまた美しく!)はドイツのクリスマスソングのタイトルだが、これはBVBのクリスマス精神、そして“アクティオーン・キンダーブンシュ” 続きを読む>>