ニュース

2019.11.6

欧州カップ戦の得点源

欧州カップ戦の得点源

ジグナル・イドゥナ・パルクでの一戦は、ボルシア・ドルトムントの歴史に残る大逆転勝利となった。BVBが欧州の舞台で逆転勝利を収めたのは初めてではないが、UEFAチャンピオンズリーグで0-2からの勝利は13シーズン目にして初めてだった。

 

スタッツにも反映:タックル成功率(49%)はほぼ互角の数字だったが、シュート数(21-9)とボール支配率(61%)ではBVBに軍配。パス成功率は89%に達した。

 

一方的: 後半のシュート数はBVBが14本、インテルが2本となり、一方的な展開だったことがわかる。BVBは40分から90分にかけて、インテルの枠内シュートを1本も許さなかった。

 

ゴールを量産:BVBが第4節までに奪った得点は5。そのうち4ゴールをアシュラフ・ハキミが挙げている。

 

逆転劇:欧州カップ戦のグループステージあるいは決勝トーナメントの試合で、BVBが0-2から逆転勝利を収めたのは初めてだった。ただし、オッドBKと対戦した2015年8月のUEFAヨーロッパリーグ予選では、0-3からの逆転で4-3の勝利を収めている。

 

ホームでの強さ:BVBはチャンピオンズリーグのホームゲーム直近6試合で1敗にとどまる。残り5試合の成績は3勝2分け。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
3-2:ハキミの2ゴールでインテルに逆転勝利
「クレイジーな展開」

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ムココ、代表でのプレーが可能に

2020.2.25

ムココ、代表でのプレーが可能に

ボルシア・ドルトムントのユースチームでゴールを量産するユスファ・ムココがU-19ドイツ代表に選出された。ムココが世代別の代表に招集されたのは2年半ぶり。DFB(ドイツサッカー 続きを読む>>

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

2020.2.24

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

ウインターブレーク明けのブンデスリーガで最高の結果を残しているボルシア・ドルトムント。BVB は敵地レバークーゼンで 続きを読む>>

「この1週間には満足」

2020.2.23

「この1週間には満足」

ボルシア・ドルトムントが敵地でベルダー・ブレーメンに 続きを読む>>