ニュース

2018.5.15

次は17日にヘルネでチャリティー大会

次は17日にヘルネでチャリティー大会

ボルシア・ドルトムントは14日にツビカウで行われたチャリティーマッチに続き、17日にもベストファリア・ヘルネをサポートするためのチャリティー・トーナメントに参加。この大会にはDSCバンネ=アイケルも出場する。

 

シュポルトパルク・アイケル(モントパラストアレーナ)で、参加チームがそれぞれ45分ずつ対戦する同大会の収入は、そのほとんどがSCベストファリアに贈られるが、一部はDSCにも渡ることになる。

 

シュロス・シュトリュンケーデ・スタジアムの改修が悪天候により遅れたことで、ベストファリアはチケット収入やスポンサーからの収入を失っている。

 

「我々は、このチャリティー・トーナメントを楽しみにしている。苦しい状況に陥っているSCベストファリア・ヘルネを手助けすることは、我々にとって何ら難しいことではない。こうして地域で団結することは、この炭鉱エリアに別れを告げる年において非常に重要なことだ」とハンス・ヨアヒム・バツケCEOは説明した。

 

「これはルール地域の真の団結を示すもの。ベストファリア、BVB、DSCが皆、心を同じくしている。勝者はサッカーファンだ」と話したのはフランク・ドゥダ市長。スタジアムは中央欧州標準時17時からオープン。観戦チケットはまだ購入できない。

 

このチャリティー・トーナメントの約71年前となる1947年5月18日、BVBはヘルネのシュロス・シュトリュンケーデでFCシャルケ04に3-2と勝利。クラブ史上初のベストファーレン選手権制覇を果たしている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ドイツ代表暫定メンバー:ロイス招集、ゲッツェは落選
「苦しく、最後は幸運だった」
シュテーガー監督は退任へ:「新しい風を入れるのが一番!」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>