ニュース

2016.9.27

最高の雰囲気のなかで勇気あふれるプレーを

最高の雰囲気のなかで勇気あふれるプレーを

ボルシア・ドルトムントはグループステージ初戦でレギア・ワルシャワから敵地で6ゴールを奪い、チャンピオンズリーグの試合ではクラブ史上最大の勝利を収めた。27日夜(日本時間28日3時45分キックオフ)、今度はこの欧州最高峰のクラブ大会で自身初のホームゲームに挑むトーマス・トゥヘル監督は、対戦相手に大きな敬意を示しつつも、期待のほうが高まっていることを明かした。

 

レアル・マドリーを「サッカー界で一番のビッグネーム」と話したトゥヘル監督は、次のように続けた。「スタジアムは最高の雰囲気に包まれるだろう。目の前のタスクをこなし、ファンのために熱いパフォーマンスを見せられると信じている」

 

スペインの首都からやってくるスター軍団たちとの勝負に勝つには、「普通の」パフォーマンスでは不十分だろう。しかしBVBは過去にマドリーをホームに迎えた試合で、実力以上のプレーができることを証明している。マドリーも目下3連敗中で、ゴール数で2-8と大きく下回っているスタジアムに、できることなら乗り込みたくはないだろう。

 

ミスの1つや2つは許容範囲

 

「ブンデスリーガの試合で見せているのと同じ勇気と信念」を今回も見せるよう選手に求めたトゥヘル監督だが、同時に引き続き「自由なプレー」を許可するとして、「ミスの1つや2つはきっとあるだろう」と話した。

 

コーチ陣は相手チームを徹底的に分析した。「結果に関係なく、とにかく彼らの試合を分析し、パターンを見つけ、彼らに対抗するために必要なことに取り組んできた」とトゥヘル監督は説明する。「選手たちがピッチ上でプレーしやすいよう、守備のプロセスを確認したいと思っている」

 

エンジン全開で

 

前線ではほとんど与えてもらえないだろうスペースをどう見つけるかが課題だが、一方で後ろにあまりスペースを空け過ぎないようにすることも重要になる。「パスの供給源を抑えて前線にボールを出させないようにすることが、我々にとって一番の試練となる」。マドリーの攻撃プレーへの対策について、トゥヘル監督はそう話した。「これはまさしくトップレベルの戦いだ。エンジンを全開にし、懸命にかつ献身的に戦い、真の連帯感を見せなければならない」

 

選手たちがそれぞれ役割を果たせば、マドリーとのホームゲームでの無敗を更新できるかもしれない。トゥヘル監督はそうなることを強く信じている。「チームは今、前向きなエネルギーに満ちあふれている。目の前のタスクに集中し、ハイレベルなチームプレーを見せられるはずだ」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
チャンピオンズリーグのアンセム:「子供のころからの夢」
オーバメヤン、シュールレらの出場にゴーサイン
「勝ち点3を奪うのは僕らだ!」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

2017.2.24

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

小学4年生から6年生を対象とした日本のフットサル大会EXILE CUP 2016の優勝チームが、2月18日にドルトムントを訪問した。   続きを読む>>

『BVB World』Episode29

2017.2.24

『BVB World』Episode29

ボルシア・ドルトムントが選手のインタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。最新のEpisode29をお届け! &nbs 続きを読む>>

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

2017.2.23

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

ボルシア・ドルトムントを丸ごと一冊特集した「ワールドサッカーキング3月号」が10日に発売された。   2015年、2016年に続き、「 続きを読む>>