ニュース

2019.5.16

最終節の逆転優勝

最終節の逆転優勝

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ最終節に逆転優勝を決めた1994-95シーズンの再現を目指し、2018-19シーズンを締めくくるVfLボルシア・メンヘングラットバッハ戦(日本時間18日22時30分キックオフ)に臨む。最終節に2位から逆転優勝を果たしたチームは、その年のBVBを含めて過去5チームしかいない。

 

1989年のDFBポカール制覇は、BVBの新時代の幕開けを告げる出来事となった。1991年に就任したオットマール・ヒッツフェルト監督の下、BVBはその翌年に早くもタイトルを獲得していてもおかしくなかったが、ブンデスリーガ史に残るほどの激しい優勝争いに敗れてしまう。3位で迎えた最終節、BVBは逆転優勝に限りなく近づいていたが、86分にギド・ブッフバルトのゴールで勝ち越したVfBシュツットガルトがバイヤー04レバークーゼンを2-1で下し、得失点差でBVBをかわして栄冠を手にした。

 

 

その3年後にはBVBがシュツットガルトに続き、56年間の歴史を持つブンデスリーガで5チームしか成し遂げていない最終節での逆転優勝を果たした。その1994-95シーズンは、多くの点で今シーズンと共通した部分がある……。

 

1994-95シーズンのBVBは、開幕3連勝とスタートダッシュに成功。後続に勝ち点6差をつけてシーズン後半戦を迎えていた。しかし、アウェーでの直接対決(第29節)に敗れると、シャプイザ、リードレ、ポウルセンのストライカー3人が相次いで負傷離脱を余儀なくされてしまう。それでもチームは最後まで諦めていなかった。

 

とはいえ、まさしく奇跡的な優勝だった。第33節の39分の時点で首位に立っていたのはSVベルダー・ブレーメン。BVBは敵地デュイスブルクで前半のうちに0-2とリードされるなど苦戦したが、後半に巻き返して3-2と競り勝ち、優勝争いの決着を最終節に持ち込んだ。その決戦を前に、ヒッツフェルト監督は次のようにコメントしている。「もう終わったと思うこともあったし、何度も苦しい状況を切り抜けてきたが、最高のタイミングでチームが調子を取り戻したようだ」

 

ブレーメンが敵地でFCバイエルン・ミュンヘンと引き分ければ、2点差の勝利がBVB優勝の条件だった。そんな状況で迎えた最終節では、BVBが28分までに2-0とリード。メラーのフリーキックで先制し、18歳のリッケンが追加点を挙げたブラック&イエローは、見事に2点差の勝利をもぎ取った。一方、ブレーメンは37分にバスラーのゴールで望みをつないだが、ツィックラーに2発を浴びるなど1-3で敗れ、最後の最後で首位から陥落。BVBがシーズン最終戦で2位から首位に躍り出た。

 

 

2001-02シーズンも同じくドラマチックな展開になったが、この時には第33節で首位が入れ替わった。ただしシーズン全体を振り返れば、今シーズンとは状況が大きく異なる。アモローゾとコレル、新戦力のエベルトン、そしてプレーメーカーのロシツキーを擁するBVBは、開幕から圧倒的な強さを発揮。2-0が3試合、4-0が1試合という破壊力で4連勝をマークする。しかし同時に脆さも露呈し、第24節ではレバークーゼンに0-4の大敗。首位の座を明け渡すことになった。

 

 

アウェーで1FCカイザースラウテルンに挑んだ第31節を0-1で落としたBVBは、残り3試合でレバークーゼンに勝ち点5差をつけられ、優勝がほぼ絶望的な状況に追い込まれてしまった。キッカー誌も「バイバイ、ボルシア」と記すほどで、諦めムードのザマー監督は「サッカーでは何が起きても不思議ではないが、2位の座を守ることに頭を切り替えたほうがいいだろう」と話していた。しかし、それからわずか2試合で状況が一変する。レバークーゼンがブレーメン(1-2)とニュルンベルク(0-1)に連敗したため、1FCケルンとハンブルガーSVを倒したBVBが1試合を残して首位に浮上。最終節にも2-1と競り勝って3度目の優勝を決めた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
グラットバッハでの記憶に残る勝利
「失うものは何もない」
BVBの元FWバイストが死去

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

2019.5.26

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

ボルシア・ドルトムントU-17がアルミニア・ビーレフェルトに6-1で圧勝し、今シーズンの目標に掲げていたリーグ優勝を成し遂げた。   続きを読む>>

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

2019.5.25

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

マルコ・ロイス、 続きを読む>>

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

2019.5.24

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

オープニングから10年、ボルシア・ドルトムントのクラブミュージアム“ボルッセウム”が全面改装されることになった。ただ施設が新しくなっても、「ファンによるファンのためのミュージ 続きを読む>>