ニュース

2018.7.5

新たな役割、明確なアプローチと目標

新たな役割、明確なアプローチと目標

セバスティアン・ケールが4日、報道陣たちの無数のフラッシュを浴びながら、ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOとスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクからBVBの有資格選手部門の責任者として正式に紹介された。「彼の素晴らしさは、この仕事に必要な3つの主要な特性を備えていることにある。それは能力、気骨、そして帰属意識だ」とバツケCEOは協調した。

 

BVBでは、これまでにもジークフリート・ヘルト、ノルベルト・ディッケル、カール=ハインツ・リードレ、ラース・リッケンといったクラブのレジェンドや象徴的人物が、現役引退後にクラブで新たな役割を担ってきた。バツケCEOによれば、なかでも「特別な成功を収めた世代のキャプテンたち」には特別な地位が与えられている。1966年に欧州カップウィナーズカップを制したチームのキャプテンだったボルフガング・パウルは諮問委員会の責任者、1995年と1996年のブンデスリーガ、1989年のDFBポカール、1997年のチャンピオンズリーグ優勝を経験したミヒャエル・ツォルクは20年にわたってスポーツディレクターを務めてきたが(当初はスポーツマネージャー)、今回、2011年と2012年にリーグ2連覇を果たしたときの主将ケールも、明確なアプローチと目標と共にクラブで新たな役割を担っていくことになった。

 

ケールは「チャレンジに一致団結して挑むことが必要」と話し、「このエキサイティングな職務に取り組むのが楽しみだ」と続けた。ツォルクの説明によれば、ケールが担当するのは主に有資格選手部門の全体的な運営。「好ましくない方向への進展を根絶し、彼がクラブにいることによって選手の損失を最小限に抑えること」がケールの任務になる。ケールとの協力関係に対するここまでの第一印象について、ツォルクは「彼の仕事への取り組み方には感銘を受けている」と話した。

 

「移籍市場はより複雑になってきている」

 

ツォルクはスポーツディレクターの権限が大きく変わりつつあり、要求される内容が格段にレベルアップしていることを、昨シーズンを通じて感じていたと明かし、「移籍市場がより複雑に」なってきているため、「管理職の拡大」は避けられなかったと説明した。ケールが選手部門のトップに就任することで、「規律やメンタリティーが改めて重視される」ようになるだけでなく、「スポーツ面での競争力を促進できる」というメリットもある。

 

ケール自身は「クラブにドルトムントらしさを取り戻したい」と話した。「ドルトムントは労働者の町であり、このクラブは他にはない独特の存在。選手たちもクラブと一体となることが非常に重要だ。規律、リスペクト、そして堅実さがBVBの重視する価値となる」。38歳の元キャプテンは、プロ選手たちに「業績重視の文化を今一度発展させ、ファンとの関係を大きく改善する強い意志を見せてほしい」と考えている。

 

「すぐにはうまくいかない」

 

これらの言葉にバツケCEOもうなずいた。「厳しくも強い信頼の下に行われたディスカッションの過程」で、ケールのクラブ復帰によって「活力や野望、献身といったものが高まりつつある」ことを感じたという。ケールもこれに同意しつつ、次のように続けた。「新しいスタートには時間がかかる。新しい人間が加わるわけだから、すぐにはうまくいかない」

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
ケールが6月1日から入閣

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB一行、まずはシカゴへ

2018.7.18

BVB一行、まずはシカゴへ

マルビン・ヒッツを含め、新加入の選手たちにとって2度目の遠征の行き先はアメリカ。18日ランチタイムの便でデュッセルドルフを飛び立ったボルシア・ドルトムントの一行は、まずシカゴ 続きを読む>>

BVBがアメリカツアーへ出発

2018.7.18

BVBがアメリカツアーへ出発

ボルシア・ドルトムントのコーチ陣と選手たちは、18日(水)から延べ9日間にわたるアメリカツアーへ出発。計3都市を回ってプロモーション活動とトレーニングを行いつつ、インターナシ 続きを読む>>

ドゥルムがハダースフィールド・タウンへ移籍

2018.7.14

ドゥルムがハダースフィールド・タウンへ移籍

ボルシア・ドルトムントの万能型MFエリック・ドゥルムが、イングランド・プレミアリーグのハダースフィールド・タウンFCへ移籍した。ドイツ代表として7キャップを保持する26歳は、 続きを読む>>