ニュース

2016.9.30

敵地レバークーゼンで9年無敗の“09”

敵地レバークーゼンで9年無敗の“09”

最高のゲーム、そして最高の結果。過去10年間、 レバークーゼンへの遠征はボルシア・ドルトムントの選手とサポーターに多くの喜びをもたらしてきた。今週土曜(日本時間10月2日1時半にキックオフ)には、BVBとレバークーゼンがブンデスリーガで通算75回目の対戦を迎える。

 

BVBが最後にバイアレーナで敗北を喫したのは、トーマス・ドル監督時代の2007年5月19日。当時のブラック&イエローは、まだUEFAインタートトカップを戦っていた。この試合ではレバークーゼンのシュテファン・キースリンクとシモン・ロルフェス、BVBのエビ・スモラレクがゴールを記録している。

 

 

それ以降のBVBは、敵地でレバークーゼンに4勝5分けの無敗。しかもBVBはレバークーゼンにとって、現在のブンデスリーガのチームのうちホームで最も長い間勝てていない相手となっている。レバークーゼンはホーム、アウェーにかかわらず、両チームが対戦した過去18試合で3勝にとどまる上、いずれもジグナル・イドゥナ・パルクでしか勝てていない。さらに昨シーズンのブンデスリーガでは、唯一勝ち点を奪えなかった相手がBVBだった。

 

とはいえ、最近のレバークーゼンはホームで強く、絶対に諦めない姿勢で結果を残してきた。昨シーズンから今シーズンにかけて、レバークーゼンはホームでの最近7試合で6勝をマーク。終盤の逆転劇で勝ち点をもぎ取った試合も2つあり、今シーズンは75分以降の得点数がここまでリーグ最多(5ゴール)を記録している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
若きチームで王者との過酷な試練をクリア

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

リーグ史上最高の得失点差

2017.9.24

リーグ史上最高の得失点差

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガの過去55年間で最高の得失点差で首位をキープ。第6節終了時点で“プラス18”という得失点差を記録したチームは、過去に存在しない。 続きを読む>>

「見事なチームパフォーマンス」

2017.9.24

「見事なチームパフォーマンス」

ゴールを決めた選手たちはサポーターから惜しみない拍手を送られた。ただそれらの「ゴールにつながるプレーに絡んだ選手たち」も指揮官から称賛を受けた。「本当に見事なチームパフ 続きを読む>>

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

2017.9.24

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハに6-1(前半3-0)と圧勝し、今季5勝目を挙げて首位をキープした。ピエール=エメリク・オーバメ 続きを読む>>