ニュース

2015.4.6

敗因は決定力不足と不運

敗因は決定力不足と不運

「バイエルンに対してもっと何かできたはずだ」。FCバイエルン・ミュンヘンに0-1と敗れた試合を振り返り、イルカイ・ギュンドアンはそう指摘した。ホームで5度目の敗北は避けられたかもしれない。試合の展開や両チームの攻撃の形を見れば0-0の引き分けが妥当な結果だった。しかし前半に一瞬だけ集中力を欠いたことにより、勝ち点1を逃してしまった。

 

実際、後半に何度かバイエルンを守勢に回らせたBVBは、同点に追いつく絶好機が2度あった。しかし61分のシーンでは、ゴール前14メートルの位置からマルコ・ロイスがサイドネットをたたき、試合終了間際のロイスのFKは、マヌエル・ノイアーにワールドクラスのセービングで阻止された。

 

ノイアーがロイスのシュートを2本セーブ

 

マルセル・シュメルツァーは、「あのセービングは衝撃的だった。あんなふうにシュートを止められるGKはそうそういないと思う」とコメント。ロイスのFKをセーブしたとき、ボールはノイアーのキーパーグローブに吸い付いているように見えた。

 

 

BVBは後半にだけゴールを狙っていったわけではなく、シュート数は15:7(枠内は12:2)とバイエルンを大きく上回った。イルカイ・ギュンドアンはこの点について、「僕らは最後のところで勝利への意志が足りなかった。最後の詰めが甘かった」と話した。

 

データを見ると、BVBが抱えているジレンマが見えてくる。シュート数が相手チームより(大幅に)上回ったのは今季24回目であり、決定機の数が相手と同じか相手より多かったのも22回目。それでもブラック&イエローはシーズン12敗目を喫してしまった。これは173回の好機のうち20パーセントしかゴールに結びつけられていないことによる。

 

ブンデスリーガのホーム戦6試合が無得点

 

さらにバイエルンに0-1で屈したことにより、ブンデスリーガのホーム戦では6試合で無得点となった。そのほかの5試合は、バイヤー・レバークーゼン戦(0-2)、ハンブルガーSV戦(0-1)、ハノーファー96戦(0-1)、FCアウクスブルク戦(0-1)、そして1FCケルン戦(0-0)。BVBは公式戦のホームゲームで274分間ゴールから見放されていることになる。

 

ユルゲン・クロップ監督は、「自分たちの意図するサッカーも、ファイナルサードで突破口を開くこともできなかった」と試合を分析。マッツ・フンメルスはプレーの効率性が勝負を分けたとし、「バイエルンのほうが内容で勝っていたわけではない」との見解を示した。

 

36分に奪われた試合唯一のゴールについては、この26歳の主将にも一部責任がある。フンメルスはレバンドフスキとの1対1に挑んだのだが、ボールを奪いきれずに倒れ、直後にこのポーランド代表ストライカーがリバウンドを頭で押し込んだ際に競れなかったのだ。「あの場面で再び彼の所にボールが行ったのは不運だった」とフンメルスは振り返った。クロップ監督も「バイエルンが先制した場面では、レバンドフスキがフンメルスからうまくボールを奪ったと思う」と話している。

 

 

その後は同点ゴールを求めて攻勢を増していったBVBだったが、最後までその望みはかなわなかった。2つの決定機を逃したせいもあるが、バイエルンにツキがあったことも原因だ。87分、シャビ・アロンソが自陣ペナルティーエリア内でピエール=エメリク・オーバメヤンの足を踏んだ。明らかにPKが与えられるべき行為だった。「試合中も確実にPKだろうと思っていたが、テレビで見たら間違いなく足を踏んでいた」とクロップ監督は言う。しかしクヌート・キルヒャー主審がPKスポットを指差すことはなかった。ロイスは次のように試合をまとめた。「バイエルンは前半のワンチャンスをものにした。それで僕らは負けたんだ」

 

ホッフェンハイム戦に集中

 

イースター休暇の日曜日には、バイエルンに0-1と敗れたことはすでに過去のものとなった。チームは7日に行われるTSGホッフェンハイムとのDFBポカール準々決勝に完全に気持ちを切り替えている。シュメルツァーは言う。「DFBポカールでは成功を収められる可能性がある。この大会ではここまでいいプレーができているから、これを続けていきたい。今回、僕らの前に立ちはだかるのはホッフェンハイムだ。90分間集中を切らさずに戦えれば次のラウンドに勝ち進めるだろう」

 

【関連記事】
0-1:ホームでバイエルンに惜敗
フンメルス「バイエルンの方が効率的」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

2022.1.19

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

ボルシア・ドルトムントは18日、敵地でザンクト・パウリとのDFBポカール・ラウンド16に1-2で敗れ、準々決勝に駒を進めることはできなかった。立ち上がりに先制を許すとハーフタイム前にリードを 続きを読む>>

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

2022.1.19

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

DFBポカール・ラウンド16 ザンクト・パウリ 2-1 ボルシア・ドルトムント   続きを読む>>

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

2022.1.17

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第72回を公開!   いつもよりスピードが増した気がする! マルコロー 続きを読む>>