ニュース

2019.8.16

手強い相手、ゴールラッシュの予感

手強い相手、ゴールラッシュの予感

ボルシア・ドルトムントは2019-20シーズンのブンデスリーガを17日のFCアウクスブルク戦からスタートさせる(日本時間22時30分キックオフ)。ジグナル・イドゥナ・パルクで行われるこの待望のシーズン初戦について、重要な事前情報をまとめた。

 

戦前の状況:昨シーズンのリーグ戦を2位と15位で終えたチーム同士の対決。プレシーズン、公式戦(ドイツ・スーパーカップとDFBポカール)を含めて9戦9勝のBVBに対し、アウクスブルクは4勝(4-1で勝利したガラタサライ戦も含む)3敗。直近のポカールではFCフェールに競り負け、早くも敗退している。

 

ホーム&アウェー:BVBは昨季ブンデスリーガのホームゲームで17試合を戦い、計44ポイントとどのチームよりも多くの勝ち点を稼いだ(14勝2分け1敗)。アウクスブルクはアウェーゲームだけの順位表で14位。デュッセルドルフ、ハノーファー、フランクフルトでは勝利したが、残りは4分け10敗。ボルフスブルクでは1-8とクラブ記録を塗り替える大敗を喫した。

 

チーム情報:ホームのBVBはラファエウ・ゲレイロ(筋繊維断裂)とマテウ・モレイ(肩)が負傷欠場。すねを痛めていたロマン・ビュルキはスタメン復帰できる可能性がある。一方のアウクスブルクはハウウェレーウ、ザーレンレン・バゼー、コルドバ、フランベアガー、(いずれもコンディション不足)、ギーファー(肩)、フェリックス・ゲッツェ(腰)、イアゴ(半月板)が欠場する見込みとなっている。

 

直接対決:昨シーズン、BVBが4-3で競り勝った一戦が、あらゆる意味で両者の対決の歴史を象徴している。BVBはアウクスブルクとの16試合で2敗しかしていないが、アウクスブルクには常に手こずっている。直近の6試合中4試合は引き分け。それでもBVBはアウクスブルクとの試合の半分で最低3ゴールを奪っており、通算ではアウクスブルクの19得点に対し、BVBはその倍の38得点を記録している。

 

スタッツ:2018-19シーズンのシュート数はアウクスブルクのほうが多く、BVBの451本に対して461本を記録しているが、実際のゴール数は30少ない(アウクスブルクが51ゴール、BVBが81ゴール)。これはチャンスをゴールに結びつけるBVBの決定率が高かったためで、欧州5大リーグのなかでトップの24%を記録している。

 

ホームでの最多得点差勝利:2015年10月25日、BVBはピエール=エメリク・オーバメヤンのハットトリックとマルコ・ロイスの2ゴールにより、アウクスブルクを5-1で退けた。

 

主審:15日午後にドイツ・サッカー協会から発表される予定。

 

観客:アウクスブルクのファンに割り当てられたチケットの一部が返却されたため、まだ完売にはなっていない。BVBファンベルトまたは代理店で購入可能。また当日の現地時間13時30分から、スタジアム北東にあるアウェーファン用チケット売り場で約400枚のチケットが販売される予定となっている(ただし購入できるのはアウェーファンのみ)。

 

編集:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ケール、週末の2連勝にも課題を指摘
「のんびり構えてはいられない」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス、通算50点目の先制ゴール

2019.12.15

ロイス、通算50点目の先制ゴール

1FSVマインツ05は後半からよりアグレッシブなプレーを見せたが、大きく空くようになったスペースを容赦なく使われる結果となった。一方のボルシア・ドルトムントは、前半のシュート 続きを読む>>

「ここから積み上げていく」

2019.12.15

「ここから積み上げていく」

1FSVマインツ05を4-0で下した試合後、Skyのインタビューに応じたキャプテンのマルコ・ロイスは、この日のチームパフォーマンスを称賛。ユリアン・バイグルは、この数週間で内 続きを読む>>

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

2019.12.15

ファブレ監督下で平均2.14ポイント

ルシアン・ファブレ監督は来週火曜の夜にボルシア・ドルトムントの指揮官として50回目のブンデスリーガの試合に臨む。これまで、1試合平均2.14ポイントという目覚ましい成績を残し 続きを読む>>