ニュース

2018.7.14

戦列復帰のローデ、「言葉にならないほど嬉しい」

戦列復帰のローデ、「言葉にならないほど嬉しい」

約1年間にわたって負傷で戦列を離れていたボルシア・ドルトムントのMFセバスティアン・ローデが、オーストリア・ウィーンに1-0と競り勝ったテストマッチで約1年ぶりに復帰した。本人は「足の付け根の患部が持ちこたえてくれた。言葉にならないほど嬉しいよ」とコメント。ルシアン・ファブレ監督はチームのパフォーマンスを「問題ない」と評価した。試合後の主なコメントを以下に紹介する。

 

ルシアン・ファブレ監督:内容は問題ない。両チームとも多くの若手を起用した親善試合だからね。やるべきことはたくさん残っているが、チームに関して何らかの結論を導き出す時期ではない。前半を中心に決定的な場面を何度もつくることができていた。アメリカ遠征に先立って明日も練習を行うほか、来週月曜と火曜にドルトムントで4回のトレーニングを予定している。

 

 

セバスティアン・ローデ:ケガで1年近く棒に振ったあと、ようやくピッチに戻ってくることができてものすごく嬉しい。厳しい練習を重ねてきた1週間の最後だったから苦しい試合だったし、僕らより早く準備を始めていたオーストリア・ウィーンのほうが動きもよかったね。でもうまく戦えたと思うし、チームのためだけでなく個人的にもいいテストになった。足の付け根の患部が持ちこたえてくれた。言葉にならないほど嬉しいよ!

 

マルビン・ヒッツいいプレーもあったけど、修正が必要な課題もはっきり見えた試合だった。このチームはクオリティーが高く、1対1の場面で決めきれる選手がそろっている。まだやるべきことはたくさん残っているけど、月曜日からトレーニングを再開したばかりだからね。

 

 

取材:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ハキミを期限付きで獲得
ヤルモレンコがウェストハムに移籍
パスラックはノーリッチ・シティーへ期限付き移籍
ソクラティスのアーセナル移籍が完了

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB一行、まずはシカゴへ

2018.7.18

BVB一行、まずはシカゴへ

マルビン・ヒッツを含め、新加入の選手たちにとって2度目の遠征の行き先はアメリカ。18日ランチタイムの便でデュッセルドルフを飛び立ったボルシア・ドルトムントの一行は、まずシカゴ 続きを読む>>

BVBがアメリカツアーへ出発

2018.7.18

BVBがアメリカツアーへ出発

ボルシア・ドルトムントのコーチ陣と選手たちは、18日(水)から延べ9日間にわたるアメリカツアーへ出発。計3都市を回ってプロモーション活動とトレーニングを行いつつ、インターナシ 続きを読む>>

ドゥルムがハダースフィールド・タウンへ移籍

2018.7.14

ドゥルムがハダースフィールド・タウンへ移籍

ボルシア・ドルトムントの万能型MFエリック・ドゥルムが、イングランド・プレミアリーグのハダースフィールド・タウンFCへ移籍した。ドイツ代表として7キャップを保持する26歳は、 続きを読む>>