ニュース

2018.7.14

戦列復帰のローデ、「言葉にならないほど嬉しい」

戦列復帰のローデ、「言葉にならないほど嬉しい」

約1年間にわたって負傷で戦列を離れていたボルシア・ドルトムントのMFセバスティアン・ローデが、オーストリア・ウィーンに1-0と競り勝ったテストマッチで約1年ぶりに復帰した。本人は「足の付け根の患部が持ちこたえてくれた。言葉にならないほど嬉しいよ」とコメント。ルシアン・ファブレ監督はチームのパフォーマンスを「問題ない」と評価した。試合後の主なコメントを以下に紹介する。

 

ルシアン・ファブレ監督:内容は問題ない。両チームとも多くの若手を起用した親善試合だからね。やるべきことはたくさん残っているが、チームに関して何らかの結論を導き出す時期ではない。前半を中心に決定的な場面を何度もつくることができていた。アメリカ遠征に先立って明日も練習を行うほか、来週月曜と火曜にドルトムントで4回のトレーニングを予定している。

 

 

セバスティアン・ローデ:ケガで1年近く棒に振ったあと、ようやくピッチに戻ってくることができてものすごく嬉しい。厳しい練習を重ねてきた1週間の最後だったから苦しい試合だったし、僕らより早く準備を始めていたオーストリア・ウィーンのほうが動きもよかったね。でもうまく戦えたと思うし、チームのためだけでなく個人的にもいいテストになった。足の付け根の患部が持ちこたえてくれた。言葉にならないほど嬉しいよ!

 

マルビン・ヒッツいいプレーもあったけど、修正が必要な課題もはっきり見えた試合だった。このチームはクオリティーが高く、1対1の場面で決めきれる選手がそろっている。まだやるべきことはたくさん残っているけど、月曜日からトレーニングを再開したばかりだからね。

 

 

取材:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ハキミを期限付きで獲得
ヤルモレンコがウェストハムに移籍
パスラックはノーリッチ・シティーへ期限付き移籍
ソクラティスのアーセナル移籍が完了

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

2018.12.15

ヌリ・シャヒンと今晩改めてお別れ

偉大なBVB戦士とのお別れの時がやって来た。ベルダー・ブレーメンをホームに迎える土曜日の試合を前に、8万1365人の観客に埋め尽くされる見込みのジグナル・イドゥナ・パルクで、 続きを読む>>