ニュース

2015.7.5

慈善試合でゴール祭り:“チーム・ゴールド”相手に17得点

慈善試合でゴール祭り:“チーム・ゴールド”相手に17得点

今季最初のプレシーズンマッチでVfLレーデに5-0と圧勝したのに続き、ボルシア・ドルトムントはドイツの元オリンピック代表選手で構成された“チーム・ゴールド”に17-0(前半6-0)で大勝した。この35分ハーフで試合は、BVBのシーズン開幕イベントの一環として行われた。

 

ジグナル・イドゥナ・パルクで開催されたこのチャリティーマッチには4万1200人のファンが集まった。チケットの売り上げによる25万ユーロ(約3400万円)の収益金は、スポーツ支援基金ドイチェ・シュポルトヒルフェに寄付される。BVBのマーケティングディレクター、カルステン・クラマーはハーフタイム中に「クラブ史上最大の小切手」を手渡した。

 

 

試合自体は、ハンドボールの元ドイツ代表GKジルビオ・ハイネフェッター、ビーチバレー金メダリストのヨナス・レッカーマン、スキージャンプ界のレジェンドであるスベン・ハンナバルトらを含むチームが、リスペクトに値するパフォーマンスを披露。それでも、プロサッカー選手たちは一旦リズムに乗ると止まらなかった。キックオフの2分半後に均衡を破ったのはブワシュチコフスキ。BVBの得点はハーフタイムまでに2桁に達しそうな勢いだったが、ハイネフェッターが見事なパフォーマンスで何本ものシュートをセーブし、それを阻止した。スローペースでフェアな試合は、オーバメヤンが3得点したほか、カンプル、さらにはクバが再び決めて6-0で前半を終えた。

 

4万1200人の観客が楽しげに見守る中、後半も大量のゴールが生まれた。BVBの選手たちにとっては、素晴らしい環境下での歓迎すべき練習の機会にもなった。ホフマンとインモービレは3点ずつを奪い、丸岡、ロイス、シュテンツェル、カストロも1点ずつを決めた。終盤、“チーム・ゴールド”は29人もの選手をピッチに送り込み、インモービレが足を痛めて下がったBVBはこれに10人で対応したが、ゴールは最後まで許さなかった。

 

BVB前半:バイデンフィラー;キルヒ、スボティッチ、スタンコビッチ、ドゥルム;ベンダー;ギュンドアン、ムヒタリアン;ブワシュチコフスキ、オーバメヤン、カンプル
BVB後半:ビュルキ;シュテンツェル、フンメルス、ソクラティス、シュメルツァー;カストロ、バイグル;ホフマン、ロイス、丸岡;インモービレ
ゴール:ブワシュチコフスキ(3分)、オーバメヤン(6分)、カンプル(8分)、オーバメヤン(12分)、オーバメヤン(16分)、ブワシュチコフスキ(21分)、丸岡(36分)、ブレンデル(37分 オウンゴール)、ホフマン(39分)、ロイス(40分)、インモービレ(43分)、シュテンツェル(45分)、ホフマン(47分)、カストロ(48分)、ホフマン(53分)、インモービレ(58分)、インモービレ(63分)
観客:4万1200人

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ファミリーイベントにメダリストたちが参加 
新シーズン到来を告げるファミリーイベント 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>