ニュース

2020.10.16

急ピッチでホッフェンハイム戦へ準備

急ピッチでホッフェンハイム戦へ準備

土曜日に行われるアウェイでのTSG 1899ホッフェンハイム戦は、BVBにとって過密日程のスタートとなる。11月の代表ウィークまでの3週間で、7試合が予定されている。

 

先日終了したばかりの代表ウィークの影響で、ホッフェンハイム戦への準備時間はあまりない。一部の代表選手は試合2日前の木曜日まで帰還できておらず、チームメートたちに合流する前に検査で新型コロナウイルス陰性が確認される必要がある。

 

「この難しい状況を受け入れないといけない」とミヒャエル・ツォルクSDはコメントしている。「どの選手が出場できるか分からないので監督には柔軟性が求められる。他の選択肢はなく、文句を言ってもしかたがない。状況に対応するしかないんだ」

 

セバスティアン・ケールは準備期間が短いことは「簡単ではないが、しっかりと準備することができる」と言う。「監督は選手起用についてよく考えているよ。我々のチームは選手層が厚く、異なるシナリオを採用できる」

 

離脱していたトルガン・アザールはランニングを開始しているが、土曜日の試合にはまだ出場できない。守備陣はさらにやり繰りが難しく、長期離脱者に加えてダン=アクセル・ザガドゥ、ニコ・シュルツ、新型コロナウイルス陽性により隔離生活中のマヌエル・アカンジが出場不可となっている。マテウ・モレイは代表ウィーク中にトレーニングを開始し、チーム練習にも合流している。土曜日のホッフェンハイム戦でファブレ監督がどのような守備の布陣を敷くのか注目だ。

 

「ホッフェンハイムには苦戦している」とファブレ監督が認める通り、BVBはホッフェンハイム相手の最近7試合で勝利がない。昨季はシーズン前半のアウェイゲームで1-2、シーズン最終節のホームゲームでは0-4で敗れている。2018/19シーズンは1-1、3-3で2試合ともに引き分けだった。しかしブンデスリーガでの通算戦績では8勝9分7敗でわずかにBVBがリードしている。

 

ホッフェンハイムは今季ブンデスリーガで、セバスティアン・ヘーネス新監督のもと2勝1敗(ケルンとバイエルンに勝ち、フランクフルトに負け)のスタートを切っている。勝ち点6はBVBと同じだが、得失点差でわずかにBVBが上回っている。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アカンジ、ホーランド、フンメルスのゴールでシャルケを撃破

2020.10.25

アカンジ、ホーランド、フンメルスのゴールでシャルケを撃破

ボルシア・ドルトムントは24日、シャルケとの伝統のルールダービーを3-0で制した。ジグナル・イドゥナ・パルクにライバルを迎えたBVBは後半にアカンジ、ホーランド、フンメルスが 続きを読む>>

シャルケ戦のチーム&ゴール

2020.10.25

シャルケ戦のチーム&ゴール

ブンデスリーガ第5節 ボルシア・ドルトムント 3-0 (0-0) FCシャ 続きを読む>>

U-23チームのフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦が延期に

2020.10.24

U-23チームのフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦が延期に

10月25日に予定されていたボルシア・ドルトムントU-23とフォルトゥナ・デュッセルドルフU-23の試合が延期 続きを読む>>