ニュース

2018.3.14

必要なのは2ゴールと勝利

必要なのは2ゴールと勝利

ボルシア・ドルトムントはUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32で対戦したアタランタに今シーズンの同大会で初めての黒星をつけた。15日の試合で準々決勝行きを決めるには、その再現をしてFCザルツブルクの連続無敗を終わらせ、2点以上を挙げて勝利しなければならない。

 

戦前の状況
ホームでの第1戦を1-2で落としたBVBは、ザルツブルクでの第2戦で少なくとも2点を奪って勝利する必要がある。1-0の勝利ではアウェーゴール差で競り負けるため敗北。2-1の勝利の場合は延長戦突入となる。2-0、もしくは3点以上を挙げて勝利すればベスト8進出が確定する。
・延長戦を含め120分の戦いを終えてBVBが2-1で勝利していた場合、勝負はPK戦に持ち込まれる。ザルツブルクは2015-16シーズンにディナモ・ミンスクにPK戦で敗北。BVBは1993年と1995年にそれぞれAJオセール、レンジャーズを同様の状況で退けたが、2003年と2008年はクラブ・ブリュージュ、ウディネーゼにPK戦で屈している。
・あと警告1回で次戦出場停止となるのは、ザルツブルクがファン・ヒチャン、ムナス・ダブール、クサーバー・シュラーガー、シュテファン・ライナー、ドゥイェ・チャレタ=ツァールの5人、BVBがソクラティス・パパスタソプロス、エメル・トプラク、アンドレ・シュールレ、ユリアン・バイグルの4人。今回の第2戦でイエローカードをもらうと、準々決勝に勝ち上がったとしても第1戦は出場停止となる。

 

FCザルツブルク情報
・オーストリアのリーグ王者(今大会唯一勝ち残っている国内王者)は、欧州カップ戦で18試合無敗中(11勝7分け)。
・この間、ホームでは6勝2分けの8試合無敗。失点はわずかに2となっている。
・アウェーでの第1戦で勝利したケースは過去に9回あり、すべて次のラウンドに進出している。

 

BVB情報
・欧州カップ戦のアウェーゲームで無得点に終わったのは、過去10試合で1度だけ。2016-17シーズン、ベンフィカとのUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16で0-1と敗れた。この10試合での総得点数は16。
・今シーズンの欧州カップ戦では、ここまで9試合すべてで得点。しかし一方で毎回、最低1点は喫している。
・2試合制の対戦では、オーストリアのチームにまだ負けたことがない。2003年は2試合合計3-1でオーストリア・ウィーンを、2015年は2試合合計6-0でボルフスベルガーACを退けた
・上記2回は、いずれもオーストリアでのアウェー戦に勝利。2003年9月25日はウィーンでオーストリア・ウィーンに2-1、2015年7月30日はクラーゲンフルトでボルフスベルクに1-0と競り勝っている。

 

【関連記事】
ピシュチェクも契約更新:ずっとBVBで!
1-2:シュールレのゴールで第2戦に望み

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>