ニュース

2019.2.10

得点力健在、サンチョは最年少記録

得点力健在、サンチョは最年少記録

前半の枠内シュートが1本にとどまったホッフェンハイムだが、後半は13本ものシュートをBVBのゴールに浴びせた。この試合に関するデータを以下で紹介する。

 

衰えない得点力:BVBはブンデスリーガで第21節までに54得点を記録。同じ時点でこれを上回ったのは、創設年の1963-64シーズンのみ(58得点)。今季リーグ戦のホームゲーム11試合で常に2ゴール以上、うち7試合では3ゴール以上を奪っている。

 

最年少記録:ジェイドン・サンチョはブンデスリーガでの通算8ゴール目(今季7ゴール目)をマーク。18歳321日での到達はリーグ史上最年少。今シーズン、若きイングランド代表は13アシストも記録しており、これはリーグ最多。計20ゴールに絡んだことになり(7ゴール13アシスト)、これを上回るのはマルコ・ロイスとセバスティアン・ハラーのみ。

 

節目のゴール:マリオ・ゲッツェはブンデスリーガ通算50ゴール目をマーク。今季の3ゴールはすべてホームで決めている。

 

好成績を維持:BVBにとって今季2度目のホームでの勝ち点取りこぼしとなったが、ブンデスリーガ第21節終了時の成績はクラブ史上2番目。

 

アシスト役:先制点をお膳立てしたウカシュ・ピシュチェクは今季6アシスト。昨シーズンのアシスト数をすでに上回っており、これ以上のアシスト数を記録したのは2012-13シーズンのみ(10アシスト)。

 

【関連記事】
3-3:追い上げ許しホッフェンハイムとドロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>