ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.10.30

後半にシュート09本

後半にシュート09本

シャルケとボルシア・ドルトムントのダービーは10回目のスコアレスドローに終わった。これはブンデスリーガの対戦で最多。そのほか第149回ルール・ダービーに関するデータを紹介する。

 

またしても勝てず:白星のない期間はこれで4試合となり(3分け1敗)、トーマス・トゥヘル体制下で最長となった。

 

ダービー無敗:一方、トゥヘル体制下でのダービー無敗を保った(1勝2分け)。

 

前半シュートなし:1992年の統計開始以降で、BVBは初めてシュート0本でホームゲームの前半を終えた。(アウェーでも1992年以降3回のみで、直近は2003年)。最初のチャンスをつくったのは53分のことだった。

 

後半に改善:エンジンがかかるまでに時間を要したものの、最終的なシュート数では9対8でシャルケを上回った。合計17本のうち、枠内へ飛んだのは3本のみだった。

 

ゲッツェはフェールマンに止められた

 

無得点:BVBが無得点に終わったのは今季3試合目。早くも昨シーズンの総数に並んだ。

 

イエロー多発:警告数は8回(4回ずつ)で、ヘルタ対ハンブルクと並んで今シーズン最多タイとなった。

 

試行錯誤:BVBはブンデスリーガの9試合で8パターンの4バックを先発で試している。ただし、パスラック、ギンター、ソクラティス、ピシュチェクという今回の顔ぶれはDFBポカールのウニオン戦と同じ。

 

スコアレスのダービーは10回目

 

【関連記事】
0-0:後半に目覚めるも得点を奪えず
「後半の出来には非常に満足」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

『BVB World』Episode19

2016.12.9

『BVB World』Episode19

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode19を公開する。 &nbs 続きを読む>>

最後に結果をたぐり寄せたBVB

2016.12.9

最後に結果をたぐり寄せたBVB

レアル・マドリーとボルシア・ドルトムントと 続きを読む>>

「レアルは試合を決めるチャンスを逃した」

2016.12.9

「レアルは試合を決めるチャンスを逃した」

続きを読む>>