ニュース

2019.10.4

対戦成績でフライブルクを圧倒

対戦成績でフライブルクを圧倒

ボルシア・ドルトムントはSCフライブルクに対し、ブンデスリーガのアウェーゲーム直近8試合で無敗を維持。その8試合で勝ち点22を獲得しており、ここ6シーズンは失点さえ喫していない。BVBにとって、フライブルクはアウェーで最も長く敗れていない相手になる。土曜日の試合に関する主なデータを以下にまとめた。

 

これまでの対戦
・BVBはフライブルクに対し、ブンデスリーガで16戦無敗を継続中。トップリーグ所属の対戦相手では、1992年から2007年まで16試合負けなかった1FCニュルンベルクに並んで相性がいい。つまり土曜日に勝つか引き分ければ、新たなクラブ記録が生まれることになる。
・フライブルクがその8試合で獲得した勝ち点は2。得点は7にとどまり、失点は46を数える。さらに、フライブルクはBVBとの過去38試合で3勝止まりだが、ブラック&イエローは通算25勝を挙げている。これはFCバイエルン・ミュンヘン(26勝)に次ぐ記録だ。
・フライブルクにとって、現在のブンデスリーガ所属クラブで最も苦手な相手がBVBになる。また、マルコ・ロイスはフライブルクとの過去7試合で最低でも1ゴールに関与している(5ゴール7アシスト)。

 

 

フライブルク関連
・ブンデスリーガの直近7試合を振り返ると、ホームで1-2と競り負けた1FCケルン戦(8月31日)の1敗しか喫していない。今シーズンは第6節までに勝ち点13を積み上げており、これは昨シーズンの同時期と比べて約2倍。クラブ新記録でもある。
・現時点での勝利数はリーグ最多タイ(4勝)。
・直近10試合で無得点に終わったのは1試合のみ。しかし直近12試合のクリーンシートも一度しかない。

 

BVB関連
・直近9試合で敗れたのは、アウェーで1-3と屈した1FCウニオン・ベルリン戦の一度だけ。これはアウェーでの直近6試合でも唯一の敗戦となる。
・ブンデスリーガでは12試合連続で得点を奪っている。
・BVBの試合では、現時点でリーグ最多の26ゴール(17得点9失点)が生まれている。

 

 

【関連記事】
「正しい方向へ進むための価値ある一歩」
「ものすごく大きい勝利」
ビュルキが7セーブ、ハキミは欧州初ゴール
「ようやく勝利することができた」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>