ニュース

2018.1.28

好調香川が2戦連続ゴール

好調香川が2戦連続ゴール

ニルス・ペーターセンがフライブルクの勝ち越し点を奪ったあと、ボルシア・ドルトムントはシュートを一方的に放ち(5本、試合合計12-4)、最後の最後まで戦い続けた。そしてラストプレーでジェレミー・トリアンが同点ゴールを奪い、試合を2-2のドローに持ち込んだ。

 

アディッショナルタイム3分にトリアンが同点ゴールを決める

 

試合データ:BVBは720本のパスを通し(フライブルクの305本の倍以上)、1対1勝率は57%、ボール支配率は70%に達した。

 

初ゴール:BVBで最も多くシュートを放ったのは、左SBジェレミー・トリアン。そして3本のうちの最後で加入後初ゴールを挙げた。

 

新体制で絶好調:ペーター・シュテーガー監督の就任以来、香川真司は3ゴール2アシスト。チームがブンデスリーガで奪った8ゴールのうち、5ゴールに関与している。今シーズン通算5ゴールとしたが、ジグナル・イドゥナ・パルクでの得点はアクロバティックなボレーでネットを揺らしたこの日が初めてだった。

 

 

初先発:ヌリ・シャヒンはシュテーガー体制で初先発。監督交代後の全試合にフル出場していたユリアン・バイグルに代わってスタメンに入った。ゴンサロ・カストロも、ベンデウのタックルで負傷した第14節のレバークーゼン戦(1-1のドロー)以来となる先発出場を果たしている。

 

無敗をキープ:フライブルクはブンデスリーガで8戦連続無敗(4勝4分け)。この連続無敗は、現時点でリーグ最長。また、これだけ長く負けていないのはフライブルクにとって約6年ぶり。BVBに対してはアウェーで9連敗中だったが、ドルトムントで16年ぶりに勝ち点を手にした。

 

【関連記事】
シャヒン:「フライブルクの2点目は僕のせい」
2-2:トリアンの土壇場ゴールで勝ち点確保

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間に 続きを読む>>

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

2019.1.22

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

ボルシア・ドルトムントは21日、U-23チームを率いるヤン・ジーベルト監督との契約の即時解除に応じた。レギオナルリーガ西部で戦うBVBのリザーブチームを1年半にわたって指導し 続きを読む>>

勝ち点3以上の価値ある勝利

2019.1.21

勝ち点3以上の価値ある勝利

ボルシア・ドルトムントは敵地ライプツィヒで貴重な勝ち点3と大きな収穫を手に入れた。この日のBVBは極めて重要な選手の不在というアクシデントを乗り越えただけでなく、守備でも多く 続きを読む>>