ニュース

2018.1.28

好調香川が2戦連続ゴール

好調香川が2戦連続ゴール

ニルス・ペーターセンがフライブルクの勝ち越し点を奪ったあと、ボルシア・ドルトムントはシュートを一方的に放ち(5本、試合合計12-4)、最後の最後まで戦い続けた。そしてラストプレーでジェレミー・トリアンが同点ゴールを奪い、試合を2-2のドローに持ち込んだ。

 

アディッショナルタイム3分にトリアンが同点ゴールを決める

 

試合データ:BVBは720本のパスを通し(フライブルクの305本の倍以上)、1対1勝率は57%、ボール支配率は70%に達した。

 

初ゴール:BVBで最も多くシュートを放ったのは、左SBジェレミー・トリアン。そして3本のうちの最後で加入後初ゴールを挙げた。

 

新体制で絶好調:ペーター・シュテーガー監督の就任以来、香川真司は3ゴール2アシスト。チームがブンデスリーガで奪った8ゴールのうち、5ゴールに関与している。今シーズン通算5ゴールとしたが、ジグナル・イドゥナ・パルクでの得点はアクロバティックなボレーでネットを揺らしたこの日が初めてだった。

 

 

初先発:ヌリ・シャヒンはシュテーガー体制で初先発。監督交代後の全試合にフル出場していたユリアン・バイグルに代わってスタメンに入った。ゴンサロ・カストロも、ベンデウのタックルで負傷した第14節のレバークーゼン戦(1-1のドロー)以来となる先発出場を果たしている。

 

無敗をキープ:フライブルクはブンデスリーガで8戦連続無敗(4勝4分け)。この連続無敗は、現時点でリーグ最長。また、これだけ長く負けていないのはフライブルクにとって約6年ぶり。BVBに対してはアウェーで9連敗中だったが、ドルトムントで16年ぶりに勝ち点を手にした。

 

【関連記事】
シャヒン:「フライブルクの2点目は僕のせい」
2-2:トリアンの土壇場ゴールで勝ち点確保

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>