ニュース

2019.11.30

好相性のオリンピアシュタディオン

好相性のオリンピアシュタディオン

昨シーズン、ボルシア・ドルトムントは土壇場の決勝点によりベルリンで劇的な3-2の勝利を収めた。ここのところオリンピアシュタディオンはBVBにとって相性のいいスタジアムだ。ヘルタBSCベルリンとのアウェーゲーム(日本時間キックオフ)に関連するデータと情報を以下で紹介する。

 

戦前の状況:
・BVBはヘルタとの最近11試合で1敗のみ。唯一の黒星は2016-17シーズンのアウェーゲームで、1-2で敗れた。
・BVBはヘルタとの12試合を無失点で終えており、これは対戦相手別で最多。
・BVBはオリンピアシュタディオンで戦った最近2試合の両方で1点ビハインドから勝ち点を獲得(1-1と3-2)。それ以前は、ベルリンで先制されると常に敗れていた。
・2018-19シーズンのホームゲームでも、マルコ・ロイスがアディショナルタイムにBVBの25本目となる最後のシュートで決勝点をマーク。この1試合シュート数は昨シーズン最多だった(ヘルタは7本)。

 

ヘルタBSC情報
・ブンデスリーガで4連敗中で、現在勝ち点11。同じ時点でこれより勝ち点が少なかったのは2009-10シーズンが直近で(勝ち点4)、降格という結果に終わった。
・ブンデスリーガでの最近15試合で無失点は1試合のみ。第6節でケルンとのアウェーゲームに4-0で快勝した。
・ホームでこれまで勝ち点6と、昨シーズンの同じ時点の勝ち点11と比べて半分程度にとどまっている。

 

 

BVB情報
・ブンデスリーガの最近9試合で1敗のみ。ただし3勝にとどまり、5試合を引き分けで終えている。
・今季2敗はリーグ最少。
・アウェーで勝ったのは、8月23日のケルン戦(3-1)が最後。

 

 

【関連記事】
「流れを変えたい」
ヘルタ戦の予想スタメン

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVBに5000ユーロの罰金

2020.1.20

BVBに5000ユーロの罰金

ボルシア・ドルトムントがドイツ・サッカー協会(DFB)のスポーツ裁判所より5000ユーロ(約61万円)の罰金処分を科された。   20 続きを読む>>

監督は大逆転劇を称賛、ただし課題も

2020.1.20

監督は大逆転劇を称賛、ただし課題も

新年最初の試合に必ずと言っていいほど勝ってきたボルシア・ドルトムント。18日の勝利により、2004年以降は11勝5分けとなった。白星が予想できた一方、予測できないこともあった 続きを読む>>

魔法の番号17、レイナは史上5番目の年少記録

2020.1.19

魔法の番号17、レイナは史上5番目の年少記録

アーリング・ホーランドが56分に投入されるまで、ボルシア・ドルトムントのシュート数は8本にとどまり、12本のFCアウクスブルクに差をつけられていた。しかし、今冬に加入したノル 続きを読む>>