ニュース

2016.10.3

大小2万5千人のBVBファンが動物園に集結

大小2万5千人のBVBファンが動物園に集結

変わりやすくも心地よい秋空の下、REWE提供によるボルシア・ドルトムント・キッズクラブのイベントがドルトムント動物園で行われ、園内は2万5000人ものBVBサポーターでいっぱいになった。

 

 

動物界のスターと共に子供たちの注目を集めたのは、BVBのアンドレ・シュールレとマリオ・ゲッツェだ。両選手とも長時間にわたってファンとの交流を楽しんだが、シュールレはガウル(インドヤギュウ)の前で1時間のサイン会を実施。記念撮影も楽しんだシュールレは、BVB所属選手の良き伝統を受け継ぎレイヨウのスポンサーになった。

 

 

一方、アマゾンのエリアでは、ゲッツェのサインと記念撮影を待つファンが数百メートルにも及ぶ長蛇の列をつくった。ドイツ代表として世界を制覇したこのMFは、サッカーボールだけでなく動物の取り扱いも得意な様子で、器用にペンギンに直接エサを与えてみせた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ナイスタイミングで中断期間へ

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

過去のデータではフライブルクを圧倒

2017.2.25

過去のデータではフライブルクを圧倒

ブンデスリーガでは 続きを読む>>

フライブルク戦の予想スタメン

2017.2.25

フライブルク戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは土曜日のブンデスリーガ第22節でSCフライブルクとアウェーで対戦する(日本時間25日23時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下の通り。 続きを読む>>

フライブルクで新たな過密日程がスタート

2017.2.25

フライブルクで新たな過密日程がスタート

トーマス・トゥヘル監督のいう「試合がなく体も心も休ませることができた1週間」を終え、ボルシア・ドルトムントは15日間で5試合という新たな過密日程に突入する。その間のミッション 続きを読む>>