ニュース

2018.1.6

合宿3日目:スピード強化のトレーニング

合宿3日目:スピード強化のトレーニング

マルベージャ合宿3日目の5日には2部形式でトレーニングを実施。しかし練習に先立ってお祝いが行われたほか、夕方にはファンと交流する時間も設けられた。6日に行われる新年最初のテストマッチ、フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦は、中央欧州標準時17時(日本時間7日1時)からBVB total!ほかでライブ配信される。

 

レポート:ヤン=フィリップ・キルシュケ(マルベージャ)

 

オーバが合流

 

BVBのメンバーが全員集結:ガーナでのアフリカ年間最優秀選手賞の表彰式に出席していたピエール=エメリク・オーバメヤンは、セレモニー終了から24時間も経たないうちにマルベージャの合宿に合流した。リバプールFCの2選手、モハメド・サラーとサディオ・マネに続く3位となった28歳のガボン代表は、6日から練習を再開する予定だ。

 

スピードに焦点

 

一方、その他の選手たちは5日に2部形式の練習を実施。初回のセッションを終えたペーター・シュテーガー監督は、「今日はスピードに特化したトレーニングを行った」と明かした。アンドレアス・ベックの指示の下、レジスタンスロープを使ったエクササイズに汗を流したあとは、「この負荷をプレー中の動作に反映させることが課題だった」との言葉通り、シュートやタックル、クイックネスといったメニューが続いた。ロマン・ビュルキ(風邪)とクリスティアン・プリシッチ(脛骨の打撲)は練習を欠席。この日2度目のセッションは非公開で行われた。

 

気になるシュメルツァーの状態

 

練習の合間にはマルセル・シュメルツァーがケガの状態について質問に答えた。3日のセッション終盤にふくらはぎを痛めたBVBのキャプテンは、その後に全体練習への参加を見送ると発表。回復には「数日かかる」と述べ、「2、3日以内にまず治療を受ける。ドルトムントに戻ってからもう少し詳しく調べる予定なので、いつピッチに戻れるかはその後にはっきりするだろう」と続けた。

 

6日のテストマッチをライブ配信

 

つまりシュメルツァーは、2018年最初のテストマッチを欠場することが確定した。BVBは6日、ゴンサロ・カストロの父親の故郷ラ・リネア・デ・ラ・コンセプシオンでデュッセルドルフと対戦する。やはりマルベージャで合宿中のデュッセルドルフは、フリードヘルム・フンケル監督の下、ブンデスリーガ2部の首位でウインターブレークを迎えている手強い相手だ。この試合はBVB total!ならびにYouTubeとFacebookのBVB公式チャンネルでライブ配信される。

 

ファンを夕食会に招待

 

マルベージャ市営競技場にはブラック&イエローを身にまとった多くのファンが見学に訪れている。そこでBVBは感謝の意を込めて、スペインまで駆けつけてくれたファンをマルベージャ市内のタパスバーに招待。BVBファン部門代表のビョルン・ヘゲマンは、「顔なじみだけでなく新たに知り合う人もいて、とても心地よい雰囲気だね」と語った。

 

クラインシュタイバーGKコーチが40歳に

 

5日には宿泊先のホテルでささやかなパーティーが開かれた。ボルフガング・デ・ベアと共にBVBのGKコーチを務めるマティアス・クラインシュタイバーが40歳の誕生日を迎えたからだ。午前中にはお祝いのメッセージが送られ、夕方には小さなバースデーケーキを囲んでチーム全員が「ハッピーバースデー」を歌い祝福した。

 

【関連記事】
合宿2日目:ハードな2セッション、シュメは休養
マルベージャ合宿初日:ロイスとゲッツェが合流

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>