ニュース

2017.9.24

リーグ史上最高の得失点差

リーグ史上最高の得失点差

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガの過去55年間で最高の得失点差で首位をキープ。第6節終了時点で“プラス18”という得失点差を記録したチームは、過去に存在しない。

 

内容に見合う圧勝:BVBはグラットバッハに対して圧倒的優位に立ち、ボール支配率75%、タックル勝率59%をマーク。シュート数でも18-8と大きく上回り、この1年での最多得点差となる勝利を収めた(ダルムシュタットに6-0で勝利した2016年9月17日以来)。

 

フェアプレー:ファウル数は両チーム合わせてわずか8(BVBのファウル数は2)。これは今季ブンデスリーガで最少。

 

連勝:BVBはグラットバッハに対し初の5連勝。この間に20ゴールを奪っている。

 

ハットトリック:ピエール=エメリク・オーバメヤンはシュート8本を放ち、うち3本を枠に当て、3ゴールを奪った。BVBの選手によるハットトリックは、やはりオーバが4点を挙げてチームを5-2の勝利に導いた2016年11月のハンブルク戦以来。

 

2得点:マキシミリアン・フィリップは、今季の自身3ゴール目と4ゴール目を挙げた。これは第6節終了時として自己ベスト。ブンデスリーガでの2得点は3回目で、対グラットバッハで2回目。そして1週間で2回目。ケルン戦でも2ゴールを決めている。また、ブンデスリーガの試合で3ゴールに絡んだのは、これが初めて。

 

連続無失点がストップ:ラース・シュティンドルのゴールにより、BVBが開幕から続けていた連続無失点は515分でストップ。

 

久々ゴール:ユリアン・バイグルはブンデスリーガで62試合目にして初ゴール。これまでのシュート数は17。11カ月前のUEFAチャンピオンズリーグのスポルティングCP戦で、BVBでの初ゴールを決めている。

 

デビュー:ジェレミー・トリアンはブンデスリーガ初出場。公式戦デビューはトッテナムとのチャンピオンズリーグの試合で果たしている。

 

 

【関連記事】
「見事なチームパフォーマンス」
6-1:ボルシア対決に圧勝!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>

LAを満喫、いざ親善試合へ

2018.5.23

LAを満喫、いざ親善試合へ

クリスティアン・プリシッチにとって逃すことのできないチャンス。UCLAでの練習を終えたあと、ボルシア・ドルトムントの若きウインガーは、アメリカ・バスケットボール界のレジェンド 続きを読む>>