ニュース

2020.5.14

原点回帰のレビアダービー

原点回帰のレビアダービー

新型コロナウイルスの感染拡大による10週間の中断期間を終え、16日のブンデスリーガ再開初戦でFCシャルケ04をホームに迎えるボルシア・ドルトムント(日本時間22時30分キックオフ)。BVBプロ選手部長のセバスティアン・ケールは、今回で156回目を数えるレビアダービーが「間違いなく歴史上最も奇妙なダービーになる」と語った。

 

ディ・ベルト紙のインタビューに応じたケールは「ファンと彼らの情熱、スタジアムの熱気がこの試合のすべてだ。今回はその全要素を欠くことになる。さらなるパワーを与えてくれるサポーターが不在で、スタジアムにもいつもの雰囲気がない。選手たちも戸惑いを覚えるだろう」と述べた。「ブンデスリーガの終盤戦で、チームの命運を左右するのはたった一つ。最後に笑うのは戦力的に最も充実したチームではなく、試合とこの異例の状況に最高の準備ができた上で、チームの力を最大限に引き出せたチームだ。正しい姿勢で試合に臨むこと、そして現状に正しく対処することが非常に大きな意味を持つ。さらに我々は、誰もが困難に直面している現在において、多くのファンにとって大きな意味のある何かをこのダービーで手にできることを強く意識している」

 

ユリアン・ブラントは有料テレビ「スカイ」のインタビューで、これからの「新たな日常」について思いを巡らせている。「基本に返るような感覚がある。子供の頃、サッカーを始めた時のようにね。ルーツ回帰みたいなものさ」。土曜日の試合はSky Sport News HDで無料ライブ配信される予定。今シーズンの残り9試合はいずれも無観客で行われることが決まっている。

 

「多くのことが土曜日から再出発する。これまでのようなホームゲーム、アウェーゲームはなく、有利でも不利でもない」とブラントは続けた。「要するに、この状況に正しく対処できるかどうかがすべてなんだ」

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
主将ロイスからのメッセージ
PUMA社とBVB、コロナと戦う医療従事者に感謝
間もなく再開! 12日の練習で汗

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘルタ戦の予想スタメン

2020.6.6

ヘルタ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは6日夜のブンデスリーガ第30節でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下 続きを読む>>

チームも人種差別反対を表明

2020.6.5

チームも人種差別反対を表明

「我々、ボルシア・ドルトムントのチームは「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」運動を全面的に支援する。我々はあらゆる種類の差別を受け入れない。そして引き続 続きを読む>>

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

2020.6.5

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日夜、今シーズンラスト5試合の初戦でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。BVBスポーツディ 続きを読む>>