ニュース

2018.3.14

前向きな気持ちでザルツブルクへ

前向きな気持ちでザルツブルクへ

ボルシア・ドルトムントの専用機は21名の選手を含む一行を乗せてザルツブルクへと飛び立った。搭乗前のブラック&イエローは、このアウェー戦で必要な勝利を手にし、第1戦での劣勢を覆してUEFAヨーロッパリーグ準々決勝に進出できるというポジティブな雰囲気に包まれていた。

 

リハビリの一環としてドルトムントでそれぞれ個別トレーニングに取り組んでいるジェイドン・サンチョ、アンドリー・ヤルモレンコ、セバスティアン・ローデ、香川真司、エリック・ドゥルムは遠征に帯同できず。ヨーロッパリーグに出場資格がないマヌエル・アカンジもドルトムントに残った。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
必要なのは2ゴールと勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>