ニュース

2018.3.14

前向きな気持ちでザルツブルクへ

前向きな気持ちでザルツブルクへ

ボルシア・ドルトムントの専用機は21名の選手を含む一行を乗せてザルツブルクへと飛び立った。搭乗前のブラック&イエローは、このアウェー戦で必要な勝利を手にし、第1戦での劣勢を覆してUEFAヨーロッパリーグ準々決勝に進出できるというポジティブな雰囲気に包まれていた。

 

リハビリの一環としてドルトムントでそれぞれ個別トレーニングに取り組んでいるジェイドン・サンチョ、アンドリー・ヤルモレンコ、セバスティアン・ローデ、香川真司、エリック・ドゥルムは遠征に帯同できず。ヨーロッパリーグに出場資格がないマヌエル・アカンジもドルトムントに残った。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
必要なのは2ゴールと勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ボールを失う度に速攻を許した」

2018.9.23

「ボールを失う度に速攻を許した」

ボルシア・ドルトムントは22日の試合で 続きを読む>>

強い気持ちで勝ち点1を獲得

2018.9.23

強い気持ちで勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントはまたしても精神力の強さを見せつけ、 続きを読む>>

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

2018.9.23

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

ボルシア・ドルトムントがTSGホッフェンハイムの本拠地に乗り込んだ試合で、アウェー席の一部のファンから容認しがたい行為が見られた。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは試合中にホッ 続きを読む>>