ニュース

2018.7.26

前半のリード守れずPK戦に敗れる

前半のリード守れずPK戦に敗れる

若手のセルジオ・ゴメスとアレックス・イサクがPK戦で運に恵まれず、ボルシア・ドルトムントはインターナショナル・チャンピオンズカップ最終戦でベンフィカに敗れた。BVBは前半にマキシミリアン・フィリップの2ゴールで2-0とリード。しかし後半に追いつかれると、PK戦を落とした。

 

ピッツバーグのハインツ・フィールドに集まった1万6161人の観客の前で、BVBは序盤戦を支配。フィリップは15分に20メートルの距離からシュート。これは惜しくも横へそれたが、その5分後に均衡を破る。ダフートが左サイドを駆け上がりシュメルツァーへ。そのパスを受けたラーセンがゲッツェとのワンツーでペナルティーエリア内に侵入。ゴールライン付近から折り返したボールを、フィリップがゴールエリア端からネットに流し込んだ。

 

 

2分後には追加点が生まれる。攻撃の起点となったのは、またしてもダフート。左のタッチライン沿いでゲッツェにボールを預けると、そのクロスがゴール前へ。オフサイドトラップをかいくぐって完璧なタイミングで駆け込んだフィリップが、ディフェンダーの壁を越えて来たボールを8メートルの距離からたたき込んだ。

 

ゲッツェのお膳立てからフィリップが決める

 

BVBのフォーメーションは4-1-4-1。シャヒンが最終ラインをガードし、中盤ではゲッツェとダフートがセンターでプレー。相手にボールを奪われると、2人とも引いて守った。

 

30分、昨季ポルトガル・リーガの2位チームはパスミスにつけ込んだゴールに迫ったが、シャヒンがピンチの芽を摘む。前半アディショナルタイム、プリシッチが右サイドで抜け出したが、クロスは精度を欠いてブルーン・ラーセンを越えてしまった。

 

 

後半開始の5分後、ベンフィカは試合の流れに逆らって1点を返す。アウメイダがペナルティーエリア内からのフィニッシュで得点した。BVBは62分、ハキミが途中出場でデビュー。ルシアン・ファブレ監督は、同じくワールドカップ組のロイスとピシュチェクは起用しなかった。

 

69分、セメドが放った25メートルのシュートはブロックされる。しかしリバウンドを自ら拾ったセメドはこれをゴールに押し込み、スコアを2-2とした。88分、左サイド中盤のサンチョがロングボールに抜け出し、ペナルティーエリア内に侵入。右足で狙ったものの、シュートは2メートル横へ外れた。

 

ハキミがデビュー、ロイスとピシュチェクはプレーせず

 

PK戦ではボルフ、ブルニッチ、サンチョが決めた一方、ゴメスはポストをたたき、イサクはセーブに遭った。最後はセルビが決め、ベンフィカを勝利に導いた。

 

BVB:ヒッツ;トリアン(62分 ハキミ)、トプラク(62分 ディークマン)、ディアロ(62分 ピーパー)、シュメルツァー(46分 ザガドゥ);シャヒン(62分 ブルニッチ);プリシッチ(46分 ボルフ)、ゲッツェ(62分 ゴメス)、ダフート(62分 ローデ)、ブルーン・ラーセン(62分 サンチョ);フィリップ(62分 イサク)
ゴール:フィリップ(20分)、フィリップ(22分)、アウメイダ(50分)、アルファ・セメド(69分)
PK戦:ボルフ 1-0、レマ 1-1、ゴメス 失敗、オリベイラ 1-2、ブルニッチ 2-2、フェレイラ 2-3、サンチョ 3-3、サマリス 失敗、イサク 失敗、セルビ 3-4
観客数:1万6161人(ピッツバーグ)

 

【関連記事】
ファブレ監督、ワールドカップ組の調整を焦らず
ハードな練習後にアイスバス
ブルーン・ラーセンがシニア初ゴール
プリシッチの2ゴール1アシストで連勝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

エイチ・アイ・エスがリージョナルパートナー契約を更新

2019.8.19

エイチ・アイ・エスがリージョナルパートナー契約を更新

2019年ドイツ・スーパーカップチャンピオンのボルシア・ドルトムント(BVB)は、株式会社エイチ・アイ・エスとのリージョナルパートナー契約を今シーズンも更新することで合意した 続きを読む>>

ポカール2回戦はホームでメンヘングラットバッハと

2019.8.19

ポカール2回戦はホームでメンヘングラットバッハと

18日の夕方、ドルトムントのドイツ・サッカーミュージアムでDFBポカール2回戦の組み合わせ抽選会が行われ、ボルシア・ドルトムントはボルシア・メンヘングラットバッハとの対戦が決 続きを読む>>

リーグ初戦として史上最高の勝利!

2019.8.18

リーグ初戦として史上最高の勝利!

ボルシア・ドルトムントは開始のわずか31秒後に先制されながらも、その後は一方的に攻めてFCアウクスブルクに快勝。シュート数で24対5、ボール支配率で72%、コーナーキック数で 続きを読む>>