ニュース

2018.7.9

初日はボールを使った練習がメイン

初日はボールを使った練習がメイン

週末の2日間でメディカルテストを終えた選手たちは、少し曇りがかった晴天の下、500人ほどのファンに見守られながら、ルシアン・ファブレ新監督と共に最初の練習を行った。90分を超えるセッションのメインは、ボールを使ったトレーニングだった。

 

 

20分ほどのウォームアップを終えると、BVBのメンバーはすぐにボールを使う練習に移った。トップチームの練習はファンが見やすいようにブラッケルにあるユースのスタジアムで行われたが、ファンはこの計らいを気に入ったようで、セルジオ・ゴメスが練習試合でチームの今シーズン“初ゴール”を決めたときを含め、何度か大きな歓声が沸き起こった。セバスティアン・ローデがフルメニューをこなしたこともチームにとっては朗報だった。

 

 

練習後はサインや写真撮影などファン対応の時間となり、新加入のマルビン・ヒッツエリック・エルシュレーゲアブドゥ・ディアロマリウス・ボルフも初めて参加。U-23のアモス・ピーパーやドミニク・バンナーも今週はトップチームの練習に参加している。

 

【関連記事】
パフォーマンス診断で練習再開
ファブレ新監督をお披露目
新たな役割、明確なアプローチと目標

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

2018.12.16

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

続きを読む>>

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>