ニュース

2019.9.4

元BVBのアトリ・エドバルドソンが他界

元BVBのアトリ・エドバルドソンが他界

かつてボルシア・ドルトムントの中盤で活躍したアトリ・エドバルドソンが現地時間3日、がんとの闘病生活の末に62歳で亡くなった。BVB史上初のアイスランド人選手だった体育教師は、1980-81シーズンのブンデスリーガで30試合に出場して11ゴールを記録した。

 

エドバルドソンはウド・ラテック監督率いるブラック&イエローを主力として支えたものの、わずか1年で退団。その後はフォルトゥナ・デュッセルドルフ1895(1981-1985)とバイヤー・ユルディンゲン(1985-1988)でプレーした。

 

【関連記事】
「年間ベストピッチ」で2位に選出
ウニオン・ベルリン戦での事件について

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「多くの収穫が得られた後半」

2019.9.18

「多くの収穫が得られた後半」

FCバルセロナと 続きを読む>>

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

2019.9.18

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

バルセロナ戦の試合後、Skyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、自らのPK失敗を悔やみ、その他多くの好機を逃してしまったことにも不満を示した。マッツ・フンメルスも同意見だ 続きを読む>>

フンメルスがタックルで全勝

2019.9.18

フンメルスがタックルで全勝

ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナのゴールに14本のシュートを浴びせたが、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの前に沈黙。マッツ・フンメルスはUEFAチャンピオンズリ 続きを読む>>