ニュース

2018.5.18

仲間を支援するトーナメント

仲間を支援するトーナメント

ベストファリア・ヘルネとの45分間に続き、DSCバンネ=アイケルとの45分間 ―― ボルシア・ドルトムントは17日、暖かい春の日差しに包まれたシュポルトパルク・アイケル(モントパラストアレーナ)で、変則的に3チームが対戦するチャリティー・トーナメントに出場した。この大会で得た収入の大半は、シュロス・シュトリュンケーデ・スタジアムの改修が遅れたことで大幅に収入源となったベストファリアに贈られるものの、DSCにも一部が分配される。

 

ハンス・ヨアヒム・バツケCEO、ミヒャエル・ツォルクSD、そしてレジェンドのハンス・ティルコフスキがスタンドから見守るなか、BVBはオーバーリーガ(5部に相当)を戦うベストファリアとの“前半”に0-1で競り負けた。決勝ゴールを挙げたのは、ペナルティーエリア左隅から思い切って狙ったセバスティアン・ミューツェル(32分)。アレクサンデル・イサクは2本のシュート(29、39分)が枠をたたき、43分にも振り向きざまの一撃がポストをかすめた。対するベストファリアも、26分にキューンのシュートがポストに嫌われている。

 

 

“後半”の45分間も同じく見どころ満載の展開に。先にチャンスをつかんだのはベストファーレンリーガ(6部に相当)のDSCだったが、ドミニク・ライマンがダビド・ギンチェクとの1対1で見事にシュートを阻止(12分)。するとその数分後には、直前のシュートを枠に嫌われていたマルセル・シュメルツァーがネットを揺らして均衡を破る(15分)。さらにヌリ・シャヒンのパスを受けたイサク(22分)、ゴンサロ・カストロ(23分)、アンドリー・ヤルモレンコ(25分)が立て続けにゴールを奪い、スコアは4-0に。DSCもギンチェクのゴール(31分)で1点を返したが、主審がハンドの反則を見逃していた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ツビカウでの慈善試合は4-4のドローで終了
シーズンチケットは約5万人待ち
U-19チーム、3-1の勝利で巻き返すも敗退
ドイツ代表暫定メンバー:ロイス招集、ゲッツェは落選

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

アメリカでの最終日

2018.5.25

アメリカでの最終日

楽しいと時間がたつのも早いもの。短くも興奮に満ちたロサンゼルス遠征は終わり、コーチ陣と選手たちは23日夜、それぞれの休暇先に向かうべく、互いに別れを言い合った。 続きを読む>>

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>