ニュース

2020.5.13

主将ロイスからのメッセージ

主将ロイスからのメッセージ

ボルシア・ドルトムントのキャプテン、マルコ・ロイスがブンデスリーガの再開に向けて次のような声明を発表した。

 

僕ら選手全員が、自分たちの仕事ができない状況を嘆いていた。だからもちろん、ブンデスリーガ再開の許可が下りたことを喜んでいるよ。経済のあらゆるセクターで同じことが起こっている。つまり日常生活を一歩ずつ、できる限り慎重に再開させるためのアイデアが打ち出されている。僕らにもチャンスが与えられたわけだけど、何より重要なのは全責任を負って行動すること。プロサッカー選手も普通の人間であり、他の人々同様に欠点もある。しかし今は、これまでよりもはるかに厳しい目で見られるということを僕ら全員が認識しなければならない。

 

僕は、子供たちや若者が徐々にまたスポーツを楽しめるようになってきたことがとても嬉しい。同じ年頃の仲間たちと会えるようになり、日常を取り戻しつつあることも本当によかったと思っている。そんな彼らのためにも、僕らがお手本になって衛生対策を実行することがとても重要だ。

 

プロサッカー選手向けに開発されたメディカルプランについてだが、健康に関しては絶対の保証というものは存在しないし、それは僕らも例外ではない。それでも徹底的な検査体制を敷き、衛生対策を講じれば、すべての関係者が健康を保てる可能性は非常に高くなる。アスリートとしてだけでなく一人の父親としても、このメディカルプランには安心感を抱いているし、僕らの仕事を再開すべきでない理由は見当たらない。この数週間で、BVBではソーシャルディスタンシングと衛生対策が慣習になってきている。

 

個人的には早くケガから復帰し、チームメートの手助けができればと思っている。ただ、その日が来ても残念ながらスタジアムには見に来てくれるファンはいないわけで、BVBの皆にとっては、それが何よりつらい。うちはファンの素晴らしさとスタジアムの雰囲気で有名だからね。それでも僕らはいい試合をして、困難な日々を送っている人々に少しでも喜びをもたらすことができればと願っている。そのために僕らは全力を尽くすよ。

 

【関連記事】
PUMA社とBVB、医療従事者に感謝
間もなく再開! 12日の練習で汗
5月16日にリーグ再開、BVBはシャルケ戦から

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘルタ戦の予想スタメン

2020.6.6

ヘルタ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは6日夜のブンデスリーガ第30節でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下 続きを読む>>

チームも人種差別反対を表明

2020.6.5

チームも人種差別反対を表明

「我々、ボルシア・ドルトムントのチームは「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」運動を全面的に支援する。我々はあらゆる種類の差別を受け入れない。そして引き続 続きを読む>>

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

2020.6.5

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日夜、今シーズンラスト5試合の初戦でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。BVBスポーツディ 続きを読む>>