ニュース

2017.10.24

主力数名が復帰の見込み

主力数名が復帰の見込み

敵地マクデブルクで行われる火曜日のDFBポカール2回戦(日本時間25日午前3時45分キックオフ)を前に、ボルシア・ドルトムントの戦列にソクラティス(ブンデスリーガのフランクフルト戦で出場停止)のほか、主力数名が復帰。月曜午後に敵地へ向かうチームバスに同乗する見込みだ。

 

「今日の午後、もう1回練習する。それで問題なければマルセル・シュメルツァー、そしてうまくいけばラファエウ・ゲレイロもマクデブルク遠征に参加してもらう」。月曜の昼時にペーター・ボス監督はこう説明した。マフムート・ダフート(軽度の感染症)とアンドレ・シュールレも同様で、最終決定は出発前の練習のあと下される。

 

 

シュメルツァーをフランクフルト戦のメンバーに入れなかったのは、大事をとってのことだった。「長期離脱の直後に1週間に2試合もプレーさせるわけにはいかない」と指揮官は説明し、次のように付け加えた。「また6週間、戦列を離れてもらいたくはないからね」

 

一方、チャンピオンズリーグのアポエル戦で太ももを痛めたエメル・トプラクは、まだ完全に回復していない。

 

【関連記事】
“ミニスランプ”の原因を分析
10年前マグデブルクに4-1で勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

2018.4.22

「残りの試合でも同様のパフォーマンスを」

続きを読む>>

ロイスは8試合で5ゴール

2018.4.22

ロイスは8試合で5ゴール

ボルシア・ドルトムントはレバークーゼンに4-0と快勝し、ペーター・シュテーガー体制下での最多得点差勝利を収めた。シュート数でも17対9と圧倒していただけに、勝利も得点差も妥当 続きを読む>>

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

2018.4.22

4-0:レバークーゼンを下し、チャンピオンズリーグ出場へ前進

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第31節で攻守に出色のパフォーマンスを披露し、3位の座を争うバイヤー04レバークーゼンとの直接対決に4-0(前半1-0)で圧勝。来シーズ 続きを読む>>