ニュース

2017.12.18

上り調子でバイエルン戦へ

上り調子でバイエルン戦へ

ボルシア・ドルトムントはちょうどいいタイミングで勝ち方を思い出したようだ。ミッドウィークのマインツ戦で正しい方向への一歩を踏み出すと、土曜日のホッフェンハイム戦では土壇場で勝利をもぎ取る力を失っていないことを証明。ペーター・シュテーガー新監督が「決して勝利が当たり前ではなかった」と振り返る試合で、再び勝ち点3を手にした。この2勝により、今年最後の試合への準備は完璧に整った。最後にして最高の大一番。FCバイエルン・ミュンヘンと激突する水曜日のDFBポカール・ラウンド16だ(日本時間21日午前4時45分キックオフ)。

 

決勝ゴールを決めるプリシッチ

 

「この2試合では勝利への意欲と気迫を示すことができた」。こう語るシュテーガー監督はチーム、そして個々の選手と対話を重ねながら、ものの1週間のうちにリーグでの状況を立て直した。土曜夜の勝利は、すぐ上にいたホッフェンハイムが相手だっただけに大きかった。いわゆる“シックスポインター”を制したBVBは、トップ3に返り咲いてシーズン前半戦を終了。UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ出場圏内の2位シャルケまでわずか2ポイントだ。1週間前にブレーメンに敗れて8位に転落した段階で、誰が今の状況を予想できただろうか?

 

シュテーガー監督は先行きを楽観

 

今後カギとなるのは、シーズン後半戦を今の調子でスタートできるかどうかだろう。クリスマスシーズンが過ぎれば、シュテーガー監督は数日まとめてチームをコーチングし、1月14日から始まる後半戦に備える機会を初めて与えられることになる。「ケガをしている数選手がシーズン再開までに戦列へ戻り、一緒に練習できる予定だ」と新監督は説明し、次のように付け加えた。「春までに非常に優れたチームを築けると確信している」

 

ミュンヘンではいつも燃えるというシュテーガー監督

 

しかし、まずはミュンヘンに乗り込み、水曜日のDFBポカール・ラウンド16でバイエルンに挑まなければならない。BVBは優位とは見られていないものの、リーグでの2連勝によって自信を高めることができた。「ミュンヘンで何ができるかは、見てのお楽しみだ」。リラックスムードのシュテーガー監督はこう語り、次のように続けた。「ミュンヘンでの試合となると常に気持ちが高ぶるが、楽しむことはできないだろう」。ジェレミー・トリアンは監督よりアグレッシブだ。「この自信を水曜日の試合に持ち込みたい。2連勝したことで、胸を張って乗り込むことができる。この数年、僕らは彼らのホームで勝つ力があることを示してきた。バイエルンも警戒するだろうね」

 

クリスマスプレセントにカップ戦勝利を!

 

ユップ・ハインケス監督が復帰して“らしさ”を取り戻したバイエルンは、2位に11ポイント差をつけて首位を独走している。とはいえ、ハインケス監督の下であっても万事危なげなく戦えているわけではない。例えば、バイエルンはブンデスリーガの最近3試合でシュツットガルト、ケルン、フランクフルトに連勝したが、スコアはすべて1-0で、勝利がどちらに転んでいてたとしてもおかしくない接戦だった。グラットバッハとホッフェンハイムには敗れており、欧州の舞台でもパリ・サンジェルマンに完敗した。「我々にも確かにチャンスはある」。シュテーガー監督は水曜日に頭を切り替えつつ、こう強調した。

 

濡れてもハッピー:4月のバイエルン戦勝利後

 

理想は、4月のミュンヘン遠征でのパフォーマンスだ。DFBポカール準決勝で、BVBはバイエルンに3-2で勝利。ロイス、オーバメヤン、デンベレがネットを揺らした。さらには1カ月後のフランクフルトとの決勝を制し、トロフィーを手にした。当時のチームの大半は今も在籍中で、プレー可能な状態にある。「特に昨シーズン結果を出してから、ミュンヘンでも十分に勝てるという自信がチーム内にある」。ユリアン・バイグルはこう説明する。「全員が挑戦を楽しみにしているよ。あそこで戦い、その後ポカールを掲げた選手ならモチベーションはいらない。その経験があるからこそ、ミュンヘンで次のラウンドに勝ち進みたいんだ」。バイエルン戦での勝利に勝るクリスマスプレセントはない。水曜日、また歴史が繰り返されることを祈ろう。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

【関連記事】
今シーズン初の逆転勝利
バツケCEO「運を味方につけられるようになった」
プリシッチ:「南スタンドの前でゴールするのは最高の気分」
「最後はすべてを出し尽くした」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ユースのサッカーをアピール」

2018.6.18

「ユースのサッカーをアピール」

「選手たちは自分たちの力を信じ続けていた。今日はユースのサッカーをアピールできたね」。ボルシア・ドルトムントU-17を 続きを読む>>

U-17、終盤に勝ち越し7度目の戴冠

2018.6.18

U-17、終盤に勝ち越し7度目の戴冠

ボルシア・ドルトムントU-17がドイツBジュニア選手権決勝で王者FCバイエルン・ミュンヘンに3-2(前半1-1)と競り勝ち、1984、1993、1996、1998、2014、 続きを読む>>

U-17ゲッパート監督:「アウェーでの決勝はアドバンテージにもなり得る」

2018.6.15

U-17ゲッパート監督:「アウェーでの決勝はアドバンテージにもなり得る」

ボルシア・ドルトムントのU-17チームは、日曜日のドイツBジュニア選手権決勝でFCバイエル・ミュンヘンとアウェーで戦う(日本時間17日20時キックオフ)。今シーズンは共に浮き 続きを読む>>