ニュース

2016.10.19

ローデ:「どうにか逃げ切ることしか考えていなかった」

ローデ:「どうにか逃げ切ることしか考えていなかった」

「大混戦だった。最終的にこの勝利を収められて格別に嬉しい」。スポルティングCPのホームでの激戦を2-1で制したあと、セバスティアン・ローデはこうコメントした。「終盤に追い込まれてからは、どうにか逃げ切ることしか考えていなかったよ」

 

スポルティングにアウェーで勝てたのは、何よりも意志の力で勝ったからでしょうか?

 

そうだね。終盤に追い込まれてからは、とにかくどうにか逃げ切ることしか考えていなかったよ。大混戦だった。最終的ににこの勝利を収められて格別に嬉しい。

 

 

試合後のドレッシングルームはどんな雰囲気でしたか?

 

すごく複雑な感じだったね。一方では、多くの選手が試合で疲れ果てていた。3人(マルク・バルトラ、マティアス・ギンター、フェリックス・パスラック)は予定より早く交代することになった。でも何といっても、みんな勝てたことを大喜びしていた。それがあるからケガの治りも早いと思うよ。

 

BVBは3試合で勝ち点7を獲得し、グループFのトップに立っています。ラウンド16進出の可能性はどの程度あると思いますか?

 

引き続き、11月2日のスポルティングとのリターンマッチに集中する必要がある。負けるわけにはいかない。負けなければ、ラウンド16がはっきり見えてくるだろう。

 

編集:マティアス・デアシュ

 

【関連記事】
2-1:オーバとバイグルが決めてスポルティングに勝利

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

2017.5.29

選手直筆サイン入りユニフォームを手に入れるチャンス!

続きを読む>>

ロイスは十字靭帯の部分断裂

2017.5.29

ロイスは十字靭帯の部分断裂

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表マルコ・ロイスは、27日にベルリンのオリンピアシュタディオンで行われた 続きを読む>>

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

2017.5.29

フォトギャラリー:歓喜は醒めやらず

土曜の夜、マルセル・シュメルツァーはアルフレート・シュミット(1965年)、ミヒャエル・ツォルク(1989年)、セバスティアン・ケール(2012年)に続き、ボルシア・ドルトムントでDFBポカ 続きを読む>>