ニュース

2013.1.21

ロイス:「完璧なゲームなどない」

ロイス:「完璧なゲームなどない」

ベルダー・ブレーメン戦で今季3点目となるFKから直接のゴールを決めたマルコ・ロイス。素晴らしい記録だが、セットプレーの達人はまだ改善の余地があると考えている。自分に厳しいロイスは言う。「シーズンの前半戦では4本か5本、クロスバーの上に外してしまったんだ。それでウインターブレーク中にその課題に取り組んだ」

 

ベルダー・ブレーメンに5-0と大勝しましたが、このような結果を予想していましたか?
「いいや。予想を立てるより試合に集中しているから。前半はまだ互角の戦いだった。僕らのほうが惜しいチャンスをつくったけど、そのうちのいくつかを決めてもっとリードを広げるべきだったね。後半はさらにゴールに迫って、その結果、大差で勝つことができた」

 

FKでボールをセットするロイス[写真:firo]

 

試合を支配できた要因は?
「僕らはよりアグレッシブに行って、何度か相手を押し込んでミスを誘った。向こうにも攻撃的な選手がいるのは分かっていたから、相手への警戒も怠ることはできなかったけどね。僕らはいい連係プレーで何度か素晴らしいカウンター攻撃を見せた」

 

理想のサッカーに近かったですか?
「完璧なゲームなどないよ。毎日、より良いプレーを目指して練習を重ねている。ブレーメンとのシーズン後半戦の初戦には、2週間半の準備期間があったけど、かなりハードに取り組んできた。その成果が表れたね。でも試合では常に、1つか2つ、改善点が見つかるものだ。今回も同じだよ。25日にまた重要な試合が控えているから、さらにパフォーマンスを上げていきたいね」

 

フェリペ・サンタナをゴールを「とてもよかった」と言っていましたが、あなたのFKも悪くなかったかと…
「シーズンの前半戦では4本か5本、クロスバーの上に外してしまったんだ。それでウインターブレーク中にその課題に取り組んだ。ゴールを決めるのはいつだって最高だけど、チームが勝つことのほうが重要だよ」

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「多くの収穫が得られた後半」

2019.9.18

「多くの収穫が得られた後半」

FCバルセロナと 続きを読む>>

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

2019.9.18

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

バルセロナ戦の試合後、Skyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、自らのPK失敗を悔やみ、その他多くの好機を逃してしまったことにも不満を示した。マッツ・フンメルスも同意見だ 続きを読む>>

フンメルスがタックルで全勝

2019.9.18

フンメルスがタックルで全勝

ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナのゴールに14本のシュートを浴びせたが、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの前に沈黙。マッツ・フンメルスはUEFAチャンピオンズリ 続きを読む>>