ニュース

2017.2.26

ロイス:「フライブルクを流れに乗せなかった」

ロイス:「フライブルクを流れに乗せなかった」

ボルシア・ドルトムントはフライブルクに敵地で3-0と快勝し、今シーズンのアウェー戦で4つ目の白星を獲得した。試合後、満足げな表情でSkyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、「僕らはフライブルクを流れに乗せなかった」と話した。両陣営のコメントは以下の通り。

 

マルコ・ロイス:フライブルクはホームでものすごく強いし、去年の夏に昇格したばかりのチームにしてはいいサッカーをしている。でも僕らは彼らを流れに乗せなかった。90分を通じてハイテンポのとてもいい戦いをしたと思う。それでも前半のうちに1-0以上の差をつけておくべきだったね。後半に2点目が決まってからは戦いやすくなった。オーバには前半、2回ぐらい絶好機があった。もう少し自信があれば仕留めていただろうね。でも最終的には2ゴール決めたんだから、いつもの彼に戻ったんじゃないかな。

 

ロマン・ビュルキ:全体的には満足できたし、前向きな気持ちになれる午後だったね。90分間にわたって試合を支配できた。素晴らしいパフォーマンスだったね。アウェーで無失点に抑えられたのだから満足だよ。フライブルクは常に後方から攻撃を組み立てようとする僕らの目論見を阻止しようとしてきた。次はノックアウト方式の試合だけど、準備はできている。ロッテは手強いと思うよ。彼らのスタジアムは興奮に包まれるだろうね。でもフライブルク戦と同じように主導権を握れれば、次のラウンドに進めるはずだ。

 

エリック・ドゥルム:簡単な試合ではなかったけど、僕らは立ち上がりから監督の指示通りのプレーができた。フライブルクに決定機らしい決定機はなかったと思う。うちは前線のストライカーを含め、全員が見事な守備を見せた。オーバのゴールが復活したから、皆喜んでいるよ。フライブルクではすべてがうまくいったね。あそこで3-0で勝利するのは本当に難しいことだから満足しているし、これでロッテとの試合にも士気を高めて挑むことができる。ものすごく難しい戦いになるだろうけど、何としても次のラウンドに進まなくちゃね。

 

トーマス・トゥヘル監督:今日の内容については非常に満足している。本当に素晴らしいプレーを披露してくれた選手たちには心から賛辞を贈りたい。すべてにおいて最高のパフォーマンスを見せてくれたね。チームとして大きく前に進むことができた。試合前、ベンチで冗談を言っていたんだ。オーバが至近距離からゴールを決めれば、いつものオーバに戻るんじゃないかってね。その通りになったよ。

 

クリスティアン・シュトライヒ監督(フライブルク):恐ろしく残念な試合になってしまった。責任は私にある。選手交代に失敗したね。4-4-2のシステムで行こうと試合前に決めていたのだから、それを貫くべきだった。アプローチを間違ってしまったせいでドルトムントに試合を支配されてしまった。

 

マルコ・ロイスの試合後インタビューはBVBtotal!で視聴可能

 

【関連記事】
「すべてにおいて最高のパフォーマンス」
アウェーで初の無失点、オーバは歴代得点ランキング6位へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バイグルが代表チームから離脱

2017.3.25

バイグルが代表チームから離脱

ドイツ・サッカー協会(DFB)は、ボルシア・ドルトムントのユリアン・バイグルがアゼルバイジャン遠征に帯同しないことを発表した。21歳のMFは22日にジグナル・イドゥナ・パルク 続きを読む>>

シンガポールで協力関係がスタート

2017.3.24

シンガポールで協力関係がスタート

リージョナルパートナーであるオリエンティビティー社とボルシア・ドルトムントの協力関係がスタート。3月13日から17日までシンガポールで現地の 続きを読む>>

ドイツ代表、相性のいいドルトムントで勝利

2017.3.23

ドイツ代表、相性のいいドルトムントで勝利

ドルトムントがまたしてもドイツ代表チームに幸運をもたらす場所に! 世界王者はドルトムントでの通算19試合目となる代表戦でイングランドとの親善試合に挑み、1-0(前半0-0)で 続きを読む>>