ニュース

2020.2.6

ロイスは筋肉の負傷

ロイスは筋肉の負傷

現地時間4日夜に行われたベルダー・ブレーメンとのDFBポカール・ラウンド16で負傷したボルシア・ドルトムントの主将マルコ・ロイスだが、検査の結果、筋肉の損傷と判明。数週間にわたって戦列を離れる見通しとなった。

 

ロイスはアウェーで2-3と競り負けた試合の終盤、89分に新加入のエムレ・ジャンと交代。BVBのメディカルチームは、練習に復帰するまで4週間ほどかかると見ている。

 

【関連記事】
「プレーに深みが足りなかった」
2-3:ブレーメンに屈し、8強進出ならず

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「攻撃も守備も十分ではなかった」

2020.9.27

「攻撃も守備も十分ではなかった」

0-2で敗れたFCアウクスブルク戦後、マッツ・フンメルスとマヌエル・アカンジが『スカイ』のインタビューに答えた。   続きを読む>>

アウクスブルクに0-2で敗れる

2020.9.27

アウクスブルクに0-2で敗れる

ボルシア・ドルトムントは26日に行われたブンデスリーガ第2節で、敵地でのFCアウクスブルク戦に0-2で敗れ今季初黒星を喫した。前半にセットプレーから失点すると、後半にもパスミ 続きを読む>>

アウクスブルク戦の予想スタメン

2020.9.25

アウクスブルク戦の予想スタメン

ブンデスリーガ第2節FCアウクスブルク対ボルシア・ドルトムントの一戦は、土曜日の現地時間15時30分にキックオフされる。両チームの予想スタメンは以下の通り。 続きを読む>>