ニュース

2016.11.5

ロイスは復帰間近、ゲレイロは欠場か

ロイスは復帰間近、ゲレイロは欠場か

マルコ・ロイスの復帰は、もはやそれほど遠いものではなくなった。トーマス・トゥヘル監督は代表マッチウィーク明けの国内戦からロイスがいよいよ始動できるのではないかとみている。

 

 

「彼が練習している姿を見るのは本当に嬉しい」とトゥヘル監督は4日に話した。「マルコはトップコンディションに戻った。ハイレベルのプレーを見せているよ。我々としてはこの状態が続いてくれることを願っている」。遅れている部分を取り戻すため、そしておそらくはケガを再発させないようにするため、ロイスはチームメートたちと離れて別のメニューをこなすこともある。「心機能をほかのメンバーたちのレベルにまで持っていくためのメニューをもっぱらやっている」とトゥヘル監督は説明した。「彼がチームと共にピッチに立つ日はそう遠くないと思う」。マルセル・シュメルツァーとエリック・ドゥルムもチーム練習に合流したとの朗報が届いているが、ヌリ・シャヒンは胃腸炎により練習を休んだ。

 

試合に出られるかと激闘に耐えられるかは別の話

 

一方、スポルティング戦で打撲を負ったラファエウ・ゲレイロは、「現時点でまだ治療を受けている状態」だと指揮官は明かした。ゲレイロがハンブルク戦に出られるかどうかは微妙な状態で、出たとしても90分フル出場することはないだろう。それはアンドレ・シュールレも同じだ。「今の彼が90分プレーするのは無理だろう。45分が限界というところだ」と話したトゥヘル監督は、ケガから復帰した選手の起用に関して次のように続けた。「あの試合を見ていてもわかったが、試合に出られるかどうかと激闘に耐えられるかどうかは、また別の問題なんだ」

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ハンブルクで新しい10年を
「土曜日はハンブルクで勝たなければ」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>