ニュース

2017.5.29

ロイスは十字靭帯の部分断裂

ロイスは十字靭帯の部分断裂

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表マルコ・ロイスは、27日にベルリンのオリンピアシュタディオンで行われたアイントラハト・フランクフルトとのDFBポカール決勝で右ひざを痛めていたが、十字靭帯の部分断裂と判明し、数カ月にわたって戦列を離れる見込みとなった。

 

どのような治療が必要になるかは、この先の数日で行われる検査で判明する。このため現時点ではクラブから具体的な復帰時期に関する発表はない。

 

BVBはDFBポカールのヒーローの、できる限り素早い回復を願っている。

 

【関連記事】
バツケCEO:「次のタイトルがまた5年後とはならないように」
「全員がこのタイトルにふさわしい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>

LAを満喫、いざ親善試合へ

2018.5.23

LAを満喫、いざ親善試合へ

クリスティアン・プリシッチにとって逃すことのできないチャンス。UCLAでの練習を終えたあと、ボルシア・ドルトムントの若きウインガーは、アメリカ・バスケットボール界のレジェンド 続きを読む>>