ニュース

2018.3.10

ロイスが2023年まで契約延長!

ロイスが2023年まで契約延長!

マルコ・ロイスはどこへも行かない! 「マルコ・ロイスとの契約延長を発表できて非常に嬉しい」とハンス・ヨアヒム・バツケCEOはコメント。ボルシア・ドルトムントのスター選手との移籍交渉は順調に進み、9日午後、ロイスは2023年6月30日までとなる新契約にサインした。当初の契約は2019年で終了することになっていた。

 

多くのトップクラブが獲得を希望するなか、ロイスは予定よりも早くBVBへの忠誠を表明した。これでドイツで8度の優勝経験を持つBVBは、安心して将来のプランが立てられるようになった。

 

「僕は2012年からボルシア・ドルトムントのユニフォームをまとってきたけど、今日、今後もそれを身につけてプレーできることが決まって嬉しいし、光栄だ。ドルトムントは僕の家、BVBは僕のクラブ! 子供のころ、この黒と黄色のユニフォームを着てクラブのためにプレーすることをずっと夢見ていた。一切の迷いなくサインしたよ。これでクラブへの思いが伝わるといいと思っている」と話したロイスは、さらに次のように続けた。「今日クラブとの契約を更新したのは、いつも僕を支えてくれる素晴らしいファンたちにお礼がしたかったというのもあるんだ。BVB、特にハンス・ヨアヒム・バツケCEOと(スポーツディレクターの)ミヒャエル・ツォルクは、苦しいときでも僕をサポートし続けてくれた。それも今回の決断をした理由の1つだ。今この時期に感謝の意を表すことが僕には重要だった。僕のエージェント、そして浮き沈みのあったこれまで10年間のキャリアにおいて僕をずっと支えてくれた友人のディルク・ヘーベルにもお礼を言いたい。それから彼女、家族にもね。彼らの愛が僕を強くしてくれる」

 

2017年、アイントラハト・フランクフルトとのDFBポカールを制してBVBで自身初のタイトルを手にしたロイスだが、その試合で十字靭帯を損傷。4週間前に復帰したばかりだが、すでに3ゴール2アシストを記録している。「マルコはどのチームでも成長していける」とツォルクは話した。「決定的な瞬間、そして何より決定的なゴールをもたらしてくれる選手だ。彼は我々の攻撃の要であり、さらに言えばこのクラブを象徴する存在でもある」

 

ツォルクの言うとおり、2012年夏の加入以来、ロイスが決めるかアシストしたゴールはブンデスリーガだけで101ゴールに上る。公式戦では92ゴール、そのうち39ゴールはスコアを1-0とする先制点だ。

 

「マルコが、世界の名だたるクラブから繰り返しオファーを受けながらも、このクラブと非常に長い新契約を結んでくれたことを、心から嬉しく思う。彼とは個人的にも親しい。マルコ、そして彼のエージェントとの話し合いは、最初から建設的かつ協調的だった」とバツケCEOは明かす。「彼はまさにトップレベルの選手。そのことが我々をとても誇らしい気分にさせてくれる」

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ ドイツ訪問編Vol.01

2019.12.14

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ ドイツ訪問編Vol.01

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形さんのブログを更新! 今回は尾形さんのドイツ訪問が実現したということで「ドイツ番外編」の第1回をお届けします。   ド 続きを読む>>

再びブンデスリーガに集中

2019.12.13

再びブンデスリーガに集中

SKスラビア・プラハを倒し、 続きを読む>>

マインツ遠征に好印象のBVB

2019.12.13

マインツ遠征に好印象のBVB

ボルシア・ドルトムントは14日のブンデスリーガ次節で1FSVマインツ05のホームに乗り込む(日本時間23時30分キックオフ)。オペル・アレーナで行われる試合について、興味深い 続きを読む>>