ニュース

2018.12.2

ロイス、13本目のPKで第13節の勝利に貢献

ロイス、13本目のPKで第13節の勝利に貢献

SCフライブルクの集中した守備に苦しみ、チャンスの数自体はあまり多くなかった。この日のボルシア・ドルトムントが放ったシュートはわずか11本。しかしBVBも守備が安定し、フライブルクのシュートを5本に抑えた上、後半に許したシュートは1本だけだった。

 

任せて安心:今シーズン13試合目の出場を果たしたマルコ・ロイスは、ブンデスリーガで自身通算13本目となるPKを蹴った。成功したPKはこれで11本目。

 

スーパーサブ:パコ・アルカセルは途中出場から今季9ゴール目を挙げ、ニルス・ペーターセン(2016-17シーズン、フライブルク)とヨアン・ビオレル・ガネア(2002-03シーズン、VfBシュツットガルト)のシーズン最多記録に早くも並んだ。アルカセルの途中出場は今季6試合目で、計9ゴールはクラブ新記録になる(すでにマルシオ・アモローゾとエベルトンの記録に並んでいた)。

 

アシスト王:ジェイドン・サンチョはBVBのシュート8本に関与し、先制PKを獲得しただけでなく、2点目でもアシストの1本前のパスを通した。若きイングランド代表は今季アシスト数が9となり、第13節終了時点でのクラブ記録を更新している。

 

磁石:アクセル・ビツェルのボールタッチ数は、今シーズンのチーム最多となる143回に達した。

 

高精度:BVBのパスで味方に通らなかったのはわずか7%。

 

記録更新:BVBはフライブルクに対するブンデスリーガでの無敗記録も15試合に更新。そのうち勝ち点を取りこぼしたのは2試合しかない。

 

好調:BVBはブンデスリーガの直近9試合で8勝目をマークし、獲得可能な勝ち点27のうち25ポイントを挙げた。これで来週のFCシャルケ04戦にも自信を持って臨むことができるはずだ。

 

 

【関連記事】
2-0:ロイスとアルカセルが決めてフライブルクに勝利
「ベストゲームではなかった」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

2019.2.19

ゲッツェ:「引き分けでは足りない」

ロマン・ビュルキは推進力が欠けていたことを嘆き、マリオ・ゲッツェは「試合を動かすには」もっと大胆さが必要だったとコメント。監督も選手たちも、誰一人として1FCニュルンベ 続きを読む>>

ニュルンベルク戦の注目データ

2019.2.19

ニュルンベルク戦の注目データ

ボルシア・ドルトムントは敵地ニュルンベルクでの試合を支配し、18本ものシュートを記録。対する1FCニュルンベルクはGKクリスティアン・マテニアが7本のセーブでゴールを死守する 続きを読む>>

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

2019.2.19

0-0:ニュルンベルクの強固な守備を崩せず

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第22節で久々の勝利を狙ったものの、アウェーで1FCニュルンベルクと0-0(前半0-0)で引き分けた。 &nbs 続きを読む>>