ニュース

2019.2.3

ロイス、自己最速ペースでゴールを量産中

ロイス、自己最速ペースでゴールを量産中

最初から最後まで激しい攻防が繰り広げられたものの、チャンスの数に見合うほど多くのゴールは生まれなかった。アイントラハト・フランクフルトは後半のボール支配率が42%にとどまり、パスミスを連発した上、攻撃もカウンター頼みになっていた。一方、ボルシア・ドルトムントも後半はなかなかチャンスをつくれず、遠めの位置からゴールを狙うしかなかった。結局、この引き分けは極めて妥当な結果ということになる。

 

主導権の奪い合い:序盤はフランクフルトが優位に立ち、開始5分までに3本のシュートを記録(BVBは0本)。BVBは10分から29分までのシュート数で相手を上回った(6-0)が、30分以降は再びフランクフルトに押し込まれた(チャンスの数は5-0)。

 

自己ベストを更新:マルコ・ロイスはブンデスリーガ第20節終了時点で自己最多の13ゴールを記録。

 

見事な成績:BVBが今シーズンのリーグ戦で勝ち点を取りこぼしたのは、これがわずか5試合目。第20節までに獲得した勝ち点数はクラブ史上2番目に多い。

 

逃げ切りに失敗:BVBがリーグ戦で先制点を奪いながらも勝ち点を取りこぼしたのは、今シーズン2回目。アウェーでは初めてだった。

 

遠慮なし:かつてBVBに在籍したフランクフルトのセバスティアン・ローデは、タックル成功率(64%)と総走行距離(12.8km)がチーム最高を記録。しかしファウル数(3)もチーム最多だった。

 

【関連記事】
フランクフルトとの熱戦は1-1で終了
香川、今季終了までベシクタシュへ
トリアンは夏までセルティックへ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>