ニュース

2021.9.12

レヴァークーゼンとの壮絶な点の取り合いを制す

レヴァークーゼンとの壮絶な点の取り合いを制す

ボルシア・ドルトムントは代表ウィーク明けの11日、ブンデスリーガ第4節でバイヤー・レヴァークーゼンとの点の取り合いを制して4-3で勝利を収めた。3度リードを許す苦しい展開の中でも決して諦めない姿勢を示したチームは、終盤にホーランドのPKで逆転に成功した。

 

代表帰りの選手が多い中、ジオ・レイナが負傷により欠場。一方で新戦力のマリン・ポングラチッチが先発メンバーに入った。先手を取ったのはホームのレヴァークーゼンだった。9分、高い位置からのプレッシングでBVBのボールを奪うと、フロリアン・ヴィルツがゴール前中央からアウトサイドに掛けた右足のシュートでゴールネットを揺らした。

 

反撃を試みるBVBは11分にブラントが上手く相手ゴール前に侵入しゴールキーパーと1対1になるチャンスを迎えたが、シュートは惜しくもゴール左に外れた。その後もパトリック・シックがゴールの枠をわずかに外れるフリーキックを放つなどホームの後押しを受けるレヴァークーゼンが優勢に試合を進めるが、BVBも辛抱強く好機をうかがう。そして37分、ゴール前でフリーになったホーランドが自慢のジャンプ力を見せつけてヘディングでクロスに合わせ、同点ゴールを決めた。

 

さらにその2分後にはムニエのクロスをホーランドが頭で落とし、ベリンガムが押し込んで逆転に成功したかと思われたが、その前のプレーでファウルが確認されゴールは認められなかった。すると前半アディショナルタイム、レヴァークーゼンにカウンターを許し最後はシックにポストの内側を叩くシュートを決められてしまう。結局前半は1点ビハインドで終了した。

 

それでも気を落とすことはなかったBVBは後半開始直後からレヴァークーゼンゴールに襲い掛かり、49分に細かいパスワークからブラントが抜け出すとゴールの天井にシュートを突き刺して豪快な同点ゴール。後半の早い時間に再び試合を振り出しに戻すことに成功した。

 

しかしその6分後、今度は相手コーナーキックのこぼれ球をペナルティエリア外からムサ・ディアビに決められ、この日3度目のリードを許してしまう。残り時間も徐々に少なくなる中、チームを救ったのはラファエル・ゲレイロだった。好位置からのフリーキックで左足を振り抜くと、鋭い軌道を描いたシュートはゴールネットに吸い込まれチームを同点に導いた。

 

そして77分、マルコ・ロイスがペナルティエリア内でファウルを受けてPKを獲得。これをホーランドが力強いキックで沈めて、BVBは遂にこの日初めてリードを奪った。意地を見せるレヴァークーゼンの反撃を退けたチームは4-3で点の取り合いとなった激戦を制し、今季リーグ戦初の連勝で勝ち点を9に伸ばした。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

退場者を出しボルシアMGに敗れる

2021.9.26

退場者を出しボルシアMGに敗れる

ボルシア・ドルトムントは25日に行われたブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヒェングラートバッハに0-1で敗れ、今季リーグ2敗目を喫した。前半にホームチームに先制を許すと、退場者を出したこと 続きを読む>>

ボルシアMG戦のチーム&ゴール

2021.9.26

ボルシアMG戦のチーム&ゴール

ブンデスリーガ第6節 ボルシア・メンヒェングラートバッハ 1-0 (前半1-0) ボルシア・ドルトムント 続きを読む>>

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.64

2021.9.22

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.64

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第64回を公開!   難敵?ウニオンベルリン戦! なんかちょいちょいや 続きを読む>>