ニュース

2018.11.21

ルール地方最後の炭鉱に別れ

ルール地方最後の炭鉱に別れ

ボトロップにあるルール地方最後の炭鉱が12月21日、ついに閉鎖となる。ボルシア・ドルトムントではこの機会を利用し、炭鉱夫たちがこの地域のためにしてきた功績に感謝の意を示したいと考えている。「サッカーと同様に、この地域で名を成してきたのが炭鉱だ」とハンス・ヨアヒム・バツケCEOは話した。「ルール地方の歴史あるクラブはすべて、石炭と鉄によって築かれた。我々が分かち合う文化や連帯感を語るときに欠かせないのが石炭や鉄であり、サッカー、そしてビールなのだ」

 

2018年最後の試合で、BVBはボルシア・メンヘングラットバッハとホームで対戦することになっているが、その試合で選手たちは“ダンケ・クンペル(仲間よ、ありがとう)”と書かれたユニフォームを身につける。メインスポンサーであるエボニック社のロゴの代わりに、そのメッセージを入れ、炭鉱文化へのサポートを示すのだ。「炭鉱の閉鎖は、ある輝かしい時代の終わりを意味する」とバツケCEOは続けた。「ルール地方を世界有数の生産性の高い工業地域にし、第二次世界大戦後のドイツを再建し、そして世界中から何百万人という人々をこの地域に平和的に融合させたもの、それが炭鉱だ。これらのどれを取っても、炭鉱なしにはあり得なかった」

 

“ダンケ・クンペル”運動は、“グリュックアウフ・ツークンフト(未来への希望)”と題したキャンペーンの一環として行われる。このドイツ炭鉱産業の終焉を記念し、いくつかのイベントが行われることになっており、RAG財団、RAGカンパニー、エボニック・インダストリーズ、IGBCE(鉱業化学エネルギー労組)が、ルール地方のドイツ炭鉱産業の功績や遺産やしのぶべく団結する。“グルックアウフ・ツークンフト”キャンペーンは、2018年12月21日にフランツ・ハニエル坑道で行われる最終イベントで終結する。

 

【関連記事】
BVBレジェンドがタイを魅了
BVBレジェンドのバイデンフェラーが来日

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

2022.1.19

ザンクト・パウリに敗れDFBポカール敗退

ボルシア・ドルトムントは18日、敵地でザンクト・パウリとのDFBポカール・ラウンド16に1-2で敗れ、準々決勝に駒を進めることはできなかった。立ち上がりに先制を許すとハーフタイム前にリードを 続きを読む>>

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

2022.1.19

ザンクト・パウリ戦のチーム&ゴール

DFBポカール・ラウンド16 ザンクト・パウリ 2-1 ボルシア・ドルトムント   続きを読む>>

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

2022.1.17

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログ Vol.72

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第72回を公開!   いつもよりスピードが増した気がする! マルコロー 続きを読む>>