ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.11.21

ラウバル会長、圧倒的賛成多数で再任決定

ラウバル会長、圧倒的賛成多数で再任決定

ボルシア・ドルトムントGmbH & Co. KGaAの年次総会が開催され、ラインハルト・ラウバル会長の再選がほぼ満場一致で決まった。新たな任期は3年。ラウバル会長は「この素晴らしい投票結果に対し、感謝を申し上げる」とコメント。会長を務めるのは次で計8期目、2004年から6期連続となる。

 

「昨日は」とラウバル会長はバイエルンを破った試合に触れ、次のように続けた。「今日のイベントの序曲だった。BVBは競技と経済の両面で、この2016年秋に素晴らしい状態にある」。そしてクラブを支えるサポーターを称えた。「我々にはドイツで一番クラブのことを考えてくれているファンがついている」

 

ラウバル会長

 

「あなたがあと4年会長を務めるというのは、素晴らしいことだと思う」。14万5207人のクラブ会員のうちベストファーレンハレに集まった1200人の前で、ハンス=ヨアヒム・バツケCEOはこう述べた。経済委員会のビンフリート・マテルナ委員長は、ラウバル会長と株式会社のトップであるバツケCEOの二頭体制について、「このコンビに仕事を続けてもらえて我々は非常にラッキーだ」とコメント。その後、理事会のメンバーが全会一致で承認された。

 

バツケCEOはスピーチで「数字についてどうしても語りたいわけではない」としたが、決算は際立つ内容だった。売上高は3億7600万ユーロ(「過去最高であり、これが今後数年の標準的水準となることを願う」)、営業利益は8600万ユーロ、経常利益は3600万ユーロとなり、グループの税引き後最終利益は2940万ユーロだった。「我々はこの利益で十分にやっていける」。ボルシア・ドルトムントには3億900万ユーロの可処分資本があり、期末の2016年6月30日時点で5170万ユーロの手元資金を保有していた(「ウリ・ヘーネスはいつもこれを定期預金と呼んでいた」)。

 

こちらも堂々たる数字だが、BVBはUEFAの欧州クラブランキングで7位に入っている。「欧州を代表する強豪の後ろ」だが、マンチェスター・シティー(13位)とマンチェスター・ユナイテッド(22位)よりも前にいる。これについて、バツケCEOは次のように語った。「経済的には、彼らは次元が違う。だが、競技的にはそうでもない! ミヒャエル・ツォルクとその他の競技責任者を称えたい!」。また、現在のチーム状況についても説明した。「我々は難しい夏を送った。手放したくなかった実力者3人を失ってしまったからだ。我々はさらに勇敢な手を打つことに決めた。すなわち、2011年から続けてきた、タレント豊かな選手たちでチームを築くことだ」

 

バツケCEO

 

「世界一偉大なクラブ」

 

バツケCEOはクラブの各種委員会を称賛し(「助言を外部でなく、内部へ向けるという点を徹底している」)、ブラッケルのユース育成練習施設に観客用スタンドを設置することを発表(「準決勝レベルの常連になってきたから」)。また、サポーター協会に対して“ファンハウス”建設支援を表明し、以下を名言した。「我々は今やドイツで2番目、世界で4番目に大きいクラブだ。ドイツのどのクラブよりもファンに愛されている。改めて、少し気持ちを表に出さなければならないという理解に私は達した。ボルシアがそのルーツを自ら否定することはない。そして、我々は原点の地であるボルジッヒプラッツに熱い思いを抱いている。しかし、クラブの境界線を市の周りに引くわけにはいかない」。クラブ会員から大きな拍手が起きたあと、CEOはこう締めくくった。「素晴らしい成功、素晴らしい伝統、そして無比の団結が相まって、世界一偉大なクラブとなっている」

 

財務責任者のラインホルト・ルノフもポジティブな数字を発表。協会の売上高は前年度の780万ユーロから860万ユーロに増加し、純利益は4万ユーロ増えて160万ユーロとなった。

 

死去した関係者に対しては、黙祷が捧げられた。パウル・ブルシャルトは2年前にクラブ会員歴80年(!)を表彰されていたが、99歳で亡くなった。BVBのレジェンドであるアルフレート・シュミットへの哀悼の辞も述べられた。その後、エンドウ豆のスープとビールが振る舞われる間、バツケCEOはこう語った。「先ほど、(バイエルン戦の前のシュミットを追悼する)コレオグラフィーに対する深い感謝を読むのを忘れてしまった。感傷的になってしまし、その部分を読み飛ばしてしまったことを謝りたい」

 

 

ノルベルト・ディッケルが顧問委員会入り

 

顧問委員会の委員も選挙で選ばれた。ノルベルト・ディッケルが2014年に死去した故アルフレート・ニーピークロに代わって入り(ラウバル:「英雄もまた歳をとるものだ、ノルベルトさんよ」)、出納担当はシュテファン・クロスからサポーター協会の会長であるマルコ・ブルンベルクに交代した。マルクス・シェーファーによるチケット価格を全国的に公正にするための仕組み導入の提案はクラブ会員だけでなく、クラブ全体の承認を得た。これについて、バツケ会長は「転売用プラットフォーム」が間もなく立ち上がると述べている。

 

文:ボリス・ルパート

 

ラインハルト・ラウバル会長のインタビューはBVB total!で

 

【関連記事】
「歴史の流れを受け継ぐ成功の1年」
BVBのレジェンド、“アキ”に最後のお別れ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

『BVB World』Episode18

2016.12.2

『BVB World』Episode18

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode18を公開する。 &nbs 続きを読む>>

『BVB World』Episode16

2016.12.2

『BVB World』Episode16

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode16を公開する。 &nbs 続きを読む>>

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

2016.12.2

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

ボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦する2017年最初の試合(1月21日)の前と直後に親善試合を戦う。1月17日(火)にはSCパーダーボルン、1月22日(日)にはロート= 続きを読む>>