ニュース

2019.1.16

ライプツィヒ戦の事前情報

ライプツィヒ戦の事前情報

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ後半戦の戦いを19日夜(土)のRBライプツィヒとのアウェー戦からスタートさせる(日本時間20時午前2時30分キックオフ)。この試合に関する情報を以下にまとめた。

 

試合情報
・BVBはライプツィヒとのシーズン初戦に4-1と勝利。ただ、この試合で決めたゴール数は、それまでの4試合で挙げた合計ゴール数と同じだった。
・ブンデスリーガにおけるライプツィヒとの初対戦はノーゴールで終えている(2016年9月、アウェーで0-1の敗北)。
・その後は4試合を戦って負けたのは1度のみ。
・ライプツィヒでの2試合では、3ゴールしか生まれていないが、ドルトムントでは11ゴールが記録されている。
・今シーズン、4敗を喫しているライプツィヒより敗北数が少ないのはBVB(1敗)とバイエルン・ミュンヘン(3敗)のみ。
・両者がブンデスリーガでリードしながら負けた最後の試合は、ライプツィヒが今シーズンのBVB戦の1-4の敗北、BVBは2017年10月14日にライプツィヒに2-3で競り負けた試合となっている。

 

ライプツィヒの情報
・今シーズン、失点数がリーグ最少(17失点)。
・無失点試合が7試合あり、昨シーズンの総数(6試合)より早くも上回っている。
・先制点を挙げた直近の9試合すべてで勝利している。
・ホームゲームでは昨シーズンから10試合無敗で、ここ4試合はいずれも勝利。最後にホームで敗れたのは2018年4月21日で、ホッフェンハイムに2-5で屈した。

 

BVBの情報
・現在の勝ち点は、昨シーズンの同時期より14ポイント多い42ポイント。
・アウェーでの勝利数は5で、バイエルンの7に次いで多い。
・アウェーでの黒星はリーグ最少で、2018年12月18日にフォルトゥナ・デュッセルドルフに1-2と敗れたのみ。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
BVBがレオナルド・バレルディを獲得
ツォルクSD:「練習モードから戦闘モードへ」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>